【カンブリア宮殿】柚木治はどうやってGUを復活させた?ユニクロ野菜とは?

TV番組

 

2月6日放送の「カンブリア宮殿」では「大人気GU!激安&大満足でカリスマを唸らせた男」として

GU社長の柚木治社長が出演されます。

 

黒船ファストファッションが次々と撤退する中

ユニクロの妹分のGUは驚きの成長を見せているそうです。

現在では年商2300億円を突破し、国内大手アパレルを超える勢いなのだとか。

 

そのGUを成功に導いたのが柚木社長。

しかし、過去には「ユニクロ野菜」で大失敗を経験したそうです。

 

どんなことが起きていたのでしょうか

すこし調べてみました。

 

GUすごいんだね

まだまだ成長しているんだ

柚木治

 

柚木治さんは1965年に兵庫県に生まれます。

 

中学校、高校の時代はサッカー部で選手兼マネージャーだったそうです。

大学は一橋大学経済学部に入学。

大学時代は学園祭「一橋祭」の運営委員としての活動に力を入れていたようですね。

 

大学を卒業後は伊藤忠商事に入社。

初めの4年間は人事として働き、その後石油プラントの仕事になり

アメリカのヒューストンに2年半ほど駐在していました。

 

伊藤忠商事には11年間在籍し、GEキャピタルジャパンという外資系の金融企業を経て

1999年12月にファーストリテイリングに入社。

 

2010年9月にGU代表取締役に就任しました。

ユニクロ野菜の失敗とは?

ファーストリテイリングは2002年9月株式会社エフアール・フーズを設立しました。

この会社は野菜などの食料品を直販事業を行う会社で

柚木さんが提案し役員に反対されながらもユニクロの子会社として設立され

代表取締役に柚木さんが就任しました。

 

しかしこの事業、わずか一年半で26億円もの赤字を出し撤退することとなったのですね。

 

価格の割高感や注文のわずらわしさ、ユニクロと食料品が結びつかないなどいろいろあり

顧客の単価と購入頻度が予想よりも下で赤字となってしまったようです。

 

柚木社長はこの時、ユニクロの柳井社長に辞表を提出したら

26億円損して、勉強して、それで辞めますですか?まずはお金を返してください

と言われ慰留されたのだとか。

楽天マガジン

GU

柚木さんは2010年9月GU代表取締役社長に就任します。

 

GUは2009年に990円ジーンズを売り出して大当たりしましたが

また不振に陥っていたのです。

 

GUの社員も本音ではGUの服を着たくないといわれ

そこで柚木社長は若手社員に話を聞き、価格はユニクロより安く

製品はユニクロのようなベーシックなカジュアルではなく

トレンドを感じるカジュアルという風に舵を切り

「ファッションを、もっと自由に。」というコンセプトが生まれ、業績も上がっていったのですね。

 

そして2019年8月期の業績は売上収益が2387億4100万円、営業利益が281億円と

過去最高を達成することができたのです。

 

【ケンミンSHOW】福岡の資さんうどんが登場、福岡3大うどんチェーンとは?
1月30日放送の「秘密のケンミンSHOW!」では福岡激ウマうどんチェーン資(すけ)さんうどんが登場します。 資さんうどんは福岡の人、特に北九州方面の人なら知らない人はいないというくらいの人気店です。 福岡県内では...
ちょっと一言

失敗も糧になっているんだろうね

これからも成長するんだろうな

コメント