【仰天ニュース】ハンマー投げ選手から声優を目指した小澤幸憲の仰天チェンジとは?【クロちゃん】

TV番組

8月3日の「ザ・世界仰天ニュース」では

「おデブ男子がイケメンにチェンジ5連発!」が

放送されます。

 

100キロ超え!衝撃おデブ男子たちがイケメンに大変身!という

イケメン仰天チェンジ

 

ハンマー投げ選手の小澤幸憲さん。

超かわいい雄たけびを出すので、それを生かすため声優を

目指すことにしました。

そこで現実を知ることとなったそうです。

 

どういう事なのか少し調べてみました。

 

現実を知る?

拒否されたとか?

小澤幸憲

神奈川県愛川町に生まれた小澤家3兄姉の末っ子の

幸憲くんはまんまるボディのぽっちゃり少年。

つい、肉を揉んでみたくなるほどです。

 

柔道教室で「たくさん食べて強くなれ」と言われ

強くなるためにたくさん食べ増量を開始しました。

 

家族もその増量をサポートします。

毎食後、砂糖、練乳、ハチミツを加えた極甘ミルクティーを

飲んでいたのです。

強くなるための増量!

 

その結果も出始めます。

柔道で全国大会に出場するほどになりましたが

中学入学時には体重も75キロまで増えていました。

「ボンレスハム太郎」というあだ名までついたそうです。

 

しかし、中学校には柔道部がなかったため

バレーボール部に入部します。

バレーボール顧問から「動ける体になるように痩せろ」と

言われ、幸憲さんは素直に努力を重ね痩せることとなります。

中学入学時には75キロあった体重が中学3年生時には

20キロ痩せ55キロに、さらにレギュラーも獲得しました。

 

だけどこのままでは終わりません、高校に入るとまた太ることとなります。

声優

高校に入学すると今度は陸上部に入部。

ハンマー投げの選手となります。

今度は顧問から「距離を延ばすため体重を増やせ」と言われ

朝はハンバーグサンドと極甘ミルクティー、超大盛りカップ焼きそば

昼は弁当と3つの菓子パン

帰宅後はパンの上にプリン、チョコ、生クリームと練乳をかけたプリントーストをかけ

体重は85キロまで増えます。

ハンマー投げのほうも県3位になるほど実力が伸びていきました。

体重は増え続け、高校3年生の時には105キロと100キロオーバー

高校時代に50キロも増えたのですね。

 

そんななかあだ名もつけられていました。

ハンマー投げの時の雄たけびが高い声のため「クロちゃん」と

呼ばれるようになったのです。

 

その高い声を生かそうと声優を目指し、専門学校にも通います。

レッスンを重ね、オーディションを受けると面接で

社長から「もっと太ったほうがいいよ、キャラもたってるし」と言われたため

体重はマックスの100キロまで増やしました。

 

しかしー、合格発表で社長の衝撃的な一言が飛び出します。

やっぱりクロちゃんいらないや、うちにはそういうキャラいらなかった

この言葉を機に幸憲さんは自分で流されることなく体重管理をすることを

心がけるようになりました。

仰天チェンジ

まず始めたことは食事制限

大好きだった甘いものを取ることをやめ

ダイエットプロテインと蒸した温野菜を食事にします。

 

さらに運動も大事です。

毎日一時間のランニングを始め、体中にラップを巻き

サウナスーツを作り、その格好で掃除をして汗だくになります。

 

こうしてダイエットに励んだ結果、110キロだった体重は68キロまで減り

10か月で42キロのダイエットに成功したのです。

 

ダイエットに成功した幸憲さんは

他の仕事をしながら、声優としての活動も行っているみたいですね。

 

【あいつ今何してる?】体重95キロであだ名がジャムおじさんのたつき、50キロのダイエット?
5月19日放送の「あいつ今何してる?」では 「特別編 私今こうなってる!変身グランプリ」が放送されます。 驚きのビフォーアフターを遂げた人を徹底調査するのだとか。 体重95キロであだ名は「ジャムおじさん」だった男子...
ちょっと一言

人の言うとおりにしてたから痩せたり太ったり繰り返していたんだ

良くダイエットを決意したよね

コメント