ナックル姫と呼ばれプロ野球デビューもした吉田えりの現在は監督?

TV番組

ナックル姫、覚えていますか?

ナックルボールを投げ、日本初の男性と同じチームでプレーする女性プロ野球選手となった

吉田えりさんのことです。

当時は大きな話題となりましたね。

吉田選手ののおかげで女子野球の知名度も上がったのではないでしょうか?

 

2月22日放送の「爆報!THEフライデー」では吉田選手の驚きの転身が紹介されるようです。

どんな転身があったのでしょうね?

吉田選手の現在について調べてみました。

 

ナックル姫、懐かしいね

ワイドショーとかで騒がれたもんね

 

吉田えり

生年月日 1992年1月17日

出身地 神奈川県横浜市

身長 155cm

 

兄の影響で小学2年生から野球を次始めた吉田選手、中学生の時は軟式野球

でレギュラーでした。

その後投手に転向し、高校では硬式野球部にはいりますが五日で退部。

男子との体力差を感じ、ナックルボールを習得するため練習を続けました。

 

2008年11月関西独立リーグの合同トライアウトに合格し、ドラフトで神戸9クルーズ

から7巡目で指名をうけ契約。

このときは女子高生プロ野球選手誕生としてかなり話題となりました。

ナックル姫」と呼ばれていましたが、一方で人気先行なのではという声

も上がっていましたね。

2009年は0勝2敗の成績で終わり、神戸9クルーズを退団し三重スリーアローズと

「アメリカからオファーがあった場合は優先」という条件で契約を結びます。

 

その後渡米しアメリカの独立リーグのチコ・アウトローズとマウイ・イカイカ

に所属

マウイ・イカイカでは勝利も上げています。

帰国したのち、2012年に関西独立リーグの兵庫ブルーサンダーズに入団。

ここでも勝利を上げ、関西独立リーグ初の女性勝利投手となっています。

それからはマウイ・イカイカ、石川ミリオンスターズ、栃木ゴールデンブレーブス

などチームを渡り歩いて、2017年10月27日に栃木を退団しました。

 

現在は?

2017年11月21日に栃木県小山市を拠点に設立されたエイジェックの女子硬式野球チーム

の監督兼選手に就任しました。

エイジェックは栃木ゴールデンブレーブスの運営母体だったんですね。

そこで新しいチームを作るという話を聞き、誘いを受けたそうです。

 

さらに2018年9月26日にはルートインBCリーグ事務局の小松原鉄平さんと結婚

出会いは兵庫ブルーサンダーズに所属していたときだったそうですよ。

hulu

女子プロ野球

現在はJWBLという女子プロ野球リーグがあります。

4チームで戦っていますね。

実は戦後にも女子プロ野球が合ったそうなんです。

 

1950年女子野球人気に目をつけ、4球団で日本女子野球連盟を結成します。

初めての公式戦の日本女子野球連盟結成記念トーナメントには1万7千人もの観衆が集まり

その人気に乗り各地で新球団が作られ、最大で25チームほどあったそうです。

ただ金銭的な問題もあり、ほとんどは半年以内に消えています。

日本女子野球連盟は1952年のシーズンが始まる前にプロから社会人に転換したので

女子プロ野球は2シーズンで終了してしまいました。

松岡修造の愛読書はエースをねらえ!応援しすぎて伊達公子が怒ったことも
先日、錦織圭選手が3年ぶりにツアーで優勝したことが話題になっていましたね。 その錦織選手ですが、小学生のころ松岡修造さんの「修造チャレンジ」という強化合宿に参加しています。 松岡修造さんはいまでこそ熱血キャラでバ...

 

ちょっと一言

1950年というと戦争が終わってから5年目でしょ

そんなときからプロ野球があったとは驚きだね

コメント