【ナニコレ珍百景】鳥取県米子市の1000年の歴史のある日吉神社で参道の前を列車が通る理由は?

TV番組

3月13日の「ナニコレ珍百景」では

大分&静岡の独特な言葉…その地方だけの言い回し大調査SP」が

放送されます。

 

そこで鳥取県米子市の「1000年の歴史ある神社でドキッ!列車が横切る参道」が

紹介されるようです。

 

1000年の歴史のある神社の参道で

列車が横切る?

神社内に線路が敷いてあるということでしょうか?

それとも本物の列車ではなく遊具のような感じの列車?

 

どういう事なのか少し調べてみました。

 

踏切もあるのかな?

危ないしね

米子市

米子市(よなごし)は鳥取県の西部にある市で

人口は約15万人。

 

中国地方最高峰の大山やラムサール条約にも登録されている

中海、そして日本海と周りの自然に恵まれ

鉄道や道路、空港などの利便性も高く

古くから地域の交通の宿泊拠点として栄えていて

山陰の商都」として発展してきました。

 

山陰を代表する海辺の温泉地皆生温泉は

1981年に国内初のトライアスロンの大会が開かれたという

日本トライアスロン発祥の地でもあります。

 

【ナニコレ珍百景】オードリー春日も出場?鳥取県大山町のティラノサウルスレース大山とは?
5月22日の「ナニコレ珍百景」では 「鳥取の恐竜○○レースに挑戦」が放送されます。 鳥取県の大山に肉食恐竜ティラノサウルスが 大集合したのだそうです。 ここでは日本初の恐竜〇〇のレースが行われ そのレー...

日吉神社

米子市淀江町にある日吉神社

毎年5月3日に行われている神幸神事「よいとまかせ」は

米子市指定の無形民俗文化財で

370年以上続く歴史ある神事です。

ほかにも子どもたちの健やかな成長を願う

泣き相撲大会」が行われることでも有名です。

 

この歴史ある神社で列車が通るとは

どういうことなのでしょう?

列車

日吉神社。

実は境内の中に線路が敷いてあって

列車が通り、踏切もあるのです。

 

なぜなのでしょう?

それは100年以上昔にさかのぼります。

神社の中を線路が通ったのは明治35年

1902年の話です。

 

線路が通るとき、神社の裏手にある山裾を通るように

計画されていましたが、その周辺の集落の人から

大反対され神社を通るようになったそうです。

 

神社に設置されているということで

踏切も普通の踏切と違い、遮断機が下りたら

カンカンカンという音も鳴りやむようになっています。

 

ずっとうるさいと参拝にも集中できませんからね。

 

豊国神社に眠る秀吉の愛刀骨喰藤四郎とは?京極竜子は秀吉の愛した人?
8月10日の「所JAPAN」では「磯田先生と巡る!京都の神社に秀吉の愛刀&今も残る歯から性格分析」 が放送されます。 磯田先生出演の歴史回ですね。 今回は豊臣秀吉に焦点を当てるようです。 なんでも秀吉...
ちょっと一言

ずっと昔からなんだね

当時はどういう話し合いがあったんだろうね?

コメント