【イッテQ】イモトが行く山形蔵王の滝のアイスクライミングとは?幻のラーメン?

TV番組

3月7日の「世界の果てまでイッテQ!」では

イモトジャパンツアーin山形県」が放送されます。

 

コロナ禍の中世界にはなかなか行くことができません。

でも、日本にも素晴らしいところがたくさんありますよね。

 

今回イモトさんが訪れる場所は山形県

真冬の蔵王を登り、30mの氷の壁に挑むそうです。他にも山形の幻のラーメン

けん玉界のレジェンドと50連けん玉に挑むそうです。

 

どういうことなのか少し調べてみました。

 

氷の壁を登るの?

怖そうだけど

蔵王

 

今回イモトさんが訪れる場所は山形県。

 

そして、目的地は山形が世界兄誇る絶景冬の蔵王です。

今回は天国じじいこと貫田さんが70歳を迎えるため

貫田さんが蔵王でやりたかった熊野岳の山スキー仙人沢での完全に凍った滝で

アイスクライミングに挑戦するそうです。

 

なんでも仙人沢の標高1400メートルの地点には昼にも日が当たらない

くぼ地があり

そこには高さ30メートル、幅10メートルの大氷柱がそびえているのだそうです。

ここでアイスクライミングを行うのでしょうか。

絶景が望めそうです。

幻のラーメン

山形県はラーメンの1人当たりの消費量や1世帯あたりの外食費用、店舗数がそれぞれ全国第1位

というラーメン大国なのだそうです。

初めて知りました。

 

そのラーメン大国である山形県で幻のラーメンと言われているラーメンがあります。

そこは山形県鶴岡市の「琴平荘」です。

開店前に行列ができる人気ラーメン店ですが、1年の半分しか営業していません。

 

その名前の通り元々は旅館で、ご主人が大のラーメン好き。

冬場には旅館のお客さんも少なくなるため、閑散期対策としてラーメンを提供したところ大人気となり

現在は旅館を廃業して、期間限定のラーメン店となっているそうです。

けん玉

イモトさんはけん玉界のレジェンドと50連けん玉に挑むそうですが

山形県長井市の競技用けん玉のシェアは7割

けん玉が盛んなのですね。

長井市では一家に一本けん玉があるそうです。

 

長井市には2016年に玉を載せる大皿リレーを114人連続で成功させるギネス世界記録を樹立させた

「けん玉のふる里プロジェクト実行委員会」の委員長の土屋孝俊さんや

けん玉の世界大会で3位になった秋元悟さんがいるみたいです。

どなたとけん玉に挑戦するのでしょうね?

 

【激レアさん】高校に入学したら生徒478人中男子が自分だけ、どこの高校?
ハーレム。 女の人に囲まれた生活。 男だったら一度は考えたことがあるのではないでしょうか? 実はそんな人がいたのです。 高校に入学したら全校生徒のうち男子生徒が自分だけだったといううらやましいような 寂...
ちょっと一言

ラーメンやけん玉も有名なんだ

知らなかったなあ

コメント