【ふしぎ発見!】火山により壊滅した古代都市ポンペイ、世紀の大発見とは?

TV番組

火山噴火。

日本も世界有数の火山国なので、小規模なものならたまに噴火しています。

いつか大規模な噴火があるかもしれないので備えは必要ですね。

1707年の宝永大噴火以来大規模な噴火をしていない富士山もいつかは噴火するといわれていますし。

 

2千年ほど前に火山の噴火で埋もれた町があります。

そこは古代ローマの都市ポンペイ

6月29日放送の「世界ふしぎ発見!新発見!」で特集されるみたいですね。

なんでも今までの説を覆す世紀の大発見があったのだとか?

何が発見されたのでしょう?

ポンペイのこととともに少し調べてみました。

火山灰に包まれていたせいで当時のまま保存されていたんだよね

当時の生活がわかったらしいね

ポンペイ

 

ポンペイはイタリアのナポリ近郊にあった古代の都市です。

当時の繁栄ぶりは発掘によりある程度はわかっています。

都市が埋まっているであろうことは知られていましたが、1748年に再発見され発掘作業が始まりました。

 

ポンペイは当時1万人弱の人がいたと考えられていて、石で舗装した道路、神殿や劇場

レストラン、バーなどがあり、ブドウの産地でもありワイン醸造を産業とした港

湾都市だったそうです。

火砕流により飲み込まれた町は当時の硬貨や絵画などの品物、人々の落書きなど生活感あふれるもの、

さらには当時の人々の最後の姿も保存していました。

火山灰の中に遺体があった部分の空洞ができていて、そこに考古学者が石膏を流し当時の姿が

再現できたのです。

それらの発掘によりポンペイは有名な観光地になりましたが、最近では悪天候などによる

遺跡の劣化、崩壊も問題となっています。

ヴェスヴィオ火山噴火

ヴェスヴィオ火山が大噴火したのは79年だといわれています。

8月の午後、ヴェスヴィオ火山は大爆発を起こし、巨大なキノコ状の火山灰の噴煙が空高く

上がりました

その後に火砕流が発生し、ポンペイの街を飲み込みます

火砕流の速度は100キロにも達していたといわれ、人々は逃げることもできずに

一瞬にして飲み込まれてしまったのです。

こうして一夜にしてポンペイの街は壊滅、町に残った人逃げ遅れた人など約2千人が犠牲となりました。

あたりは火山灰によって闇に包まれ、太陽は3日たつまでのぞくことができなかったのです。

レンタカー

新事実

2018年、ポンペイの遺跡で新たな発見がありました。

それは火山の噴火の日にち。

今まで考えられていたヴェスヴィオ火山が噴火した日は西暦79年8月24日でした。

 

しかし、家屋跡に10月17日を意味する文字が書き残されていたそうです。

遺跡では秋に実るはずの果物が枝についたままの状態で見つかっていることもあり

8月24日以降だろうという考えがあったそうですね。

そこで今回の新たな発見により噴火の日付がわかったのでしょう。

 

2000年も前の遺跡で18世紀から発掘をされているのに新たな発見があるというのは驚きですね。

 

60年前に廃線となった草津温泉と軽井沢を結んだ草軽電気鉄道とは?
とても長かったゴールデンウィークも終わりに差し掛かりました。 この休みを利用して旅行に出かけた人も多いのでは? 電車でのんびりと旅行するのもいいですよね。 ただ、現在では地方の人口減少や資金不足によって廃線となるところも出...
ちょっと一言

2000年前の人の生活がわかるって不思議だね

それだけ重要な遺跡なんじゃないの

 

コメント