ノルウェーの世界遺産ヴェガオヤンーヴェガ群島とは?ケワタガモの羽毛が伝統産業?

TV番組

世界遺産。

現在、日本にも25もの世界遺産が

あるみたいですね。

 

10月31日の「世界遺産」では

「北欧ノルウェーの絶景!6500の島々」が

放送されます。

 

ノルウェーの世界遺産ヴェガオヤンーヴェガ群島

北極圏のすぐ南に位置していて、6500もの島々が平行に

並んでいます。

 

ここでは一万年前から大地が上昇していて

次々と島が海中から現れ、今でも島が

増え続けているのだとか。

 

ヴェガ群島はケワタガモから取れる世界最高級の

羽毛の産地でもあるそうです。

 

どういう場所なのか少し調べてみました。

 

世界遺産かあ

時々、世界遺産登録のニュースが流れるよね

ヴェガ群島

北欧のノルウェー中部のヘルゲランド海岸中央部

の沖合いに6500もの島が存在しています。

 

その中にはヴェーガという島とその名前の

都市が存在していて

この一帯の島々はヴェーガを中心にとらえられていて

ヴェガ群島と呼ばれています。

 

この地域の歴史は一万年前にさかのぼり

石器時代から人が住んでいて

発見された遺跡はノルエェー北部では

最古の痕跡のひとつとなってるそうです。

 

【ナニコレ珍百景】茨城県日立市にある日本唯一のウミウ捕獲場とは?鵜飼いで使われる?
5月29日の「ナニコレ珍百景」では 「3人しかいないウミウ捕獲者の仕事風景」が 放送されます。 茨城県日立市の海沿いの断崖絶壁には 日本で唯一のウミウ捕獲場があるそうです。 そこで日本で3人しかいないと...

暮らし

このヴェガ群島では紀元前の石器時代から

人が暮らしていて

現在も農業と漁業を中心としたゆったりとした

生活を営んでいます。

 

2004年には自然と共存した伝統的な生活が

持続可能な開発の好例として評価され

ユネスコの世界遺産に登録されました。

 

AbemaTV

ケワタガモ

ヴェガ群島にはケワタガモが訪れています。

 

ケワタガモは北極海周辺に生息する鳥で

その羽毛は軽くて保温性に優れており

防寒衣料や羽毛布団に使用されているのです。

 

この良質な羽毛の採取という伝統産業は

9世紀ごろに始められたと考えられていて

現在も羽毛の収入は島民にとっては

大きな部分を占めています。

 

伝統的な産業が残るゆったりとしてヴェガ群島。

一度は訪れてみたい場所です。

 

【ブラタモリ】世界遺産の白川郷はヒミツの工業都市?家はなぜ同じ方向を向いている?
12月5日放送の「ブラタモリ」は「白川郷~白川郷はなぜ美しい?~」が 放送されます。 タモリさんたちが訪れたのは、岐阜県の白川郷。 白川郷(しらかわごう)といえば世界遺産にもなっていて年間200万人もの観光客が訪れ...
ちょっと一言

時間を忘れられそう

何も考えずのんびりしたいね

コメント