【ノブナカなんなん?】富士山が好きすぎて山頂に住んだ女性カメラマン植田めぐみとは?

TV番組

8月10日の「ノブナカなんなん?」では

ノブさんへ届け!!富士山SP」が

放送されます。

 

ノブさんは「右椎骨動脈乖離」という病気のため

しばらく休養するようですね。

 

今回密着する人は富士山が好きすぎて

山頂に住んじゃった女性

山頂からの厳選御来光ショットも見られるようです。

 

この女性はmushさんこと植田めぐみさんの事でしょう。

どういう人なのか少し調べてみました。

 

富士山の山頂に住んでいるの?

住むとこあるんだ

植田めぐみ

植田めぐみさんは1977年に静岡県で

生まれます。

大のキノコ好きということで通称がmushに

なったのだとか。

 

植田さんは高校生の時からスノーボードを始め

オフシーズンはエステティシャンやホテルマンなどをして

過ごし、28歳でスノーボードカメラマンになります。

 

冬の時期は長野や新潟、カナダなどで

スノーボーダーの撮影をしていたようです。

富士山

では、植田めぐみさんが富士山にはまるきっかけは

何だったのでしょう?

 

スノーボードの王シーズンで働いていた浜名湖のホテルの

同僚に休みの旅に富士山に登る人がいました。

その人に「富士山からの景色は本当にすばらしいよ」と

言われたため、興味がわいてきたそうです。

 

静岡県民ということで一度は富士山に上りたいという思いもあり

それなら写真を撮ろう、山頂に長期滞在して写真が撮れたらいいという

考えから山頂の山小屋のアルバイトに応募。

 

その年は応募が締め切られていて、翌年にも再び応募

したそうです。

富士山頂に住み込み

現在、植田さんは富士山での勤務を始めてから13年目

 

夏のシーズンの間の2か月間は

富士山頂にある浅間大社奥宮で住み込みで働きながら

富士山頂から写真を撮ったり、情報発信を行っています。

 

ツイッターでは毎日、富士山頂の動画を

配信しているみたいで、役に立ったり面白い情報が

満載です。

 

ラグビーで頸椎を損傷、約束だった富士山に登頂した杉田秀之とは?
現在、日本で開催されているラグビーワールドカップが盛り上がっていますね。 普段、ラグビーをあまり取り上げないテレビも今はラグビー関係の話題も増えています。 9月26日放送の「奇跡体験!アンビリバボー」でもラグビー...
ちょっと一言

厳選御来光ショット楽しみだね

ノブさんも見てるかな?

コメント