【極限ミステリー】忠犬ハチ公の最後は渋谷駅でなかった?アメリカでも映画化されていた?

TV番組

6月1日の「ワールド極限ミステリー」では

初めて明かす忠犬ハチ公最期の日」が放送されます。

 

忠犬ハチ公

帰ってこない主人をいつまでも駅で待つという

話はよく知られていて銅像にもなり

映画やドラマなどにもなっていますね。

今回の番組ではあまり知られていないハチが息を引き取った場所や

最後の時などが扱われるそうです。

 

ハチ公物語はアメリカでも映画化されていたのだとか。

 

どういう事なのでしょう?

すこし調べてみました。

 

そういえばハチの最後は何となくしか知らないな

駅で死んだんじゃなかったの?

ハチ公

忠犬ハチ公の話は映画「ハチ公物語」などで

有名になりました。

 

ハチ公は秋田犬で1923年に秋田県で生まれます。

東京帝国大学農学部の博士であった上野英三郎博士が

純系の日本犬を探していたため

生後50日前後で上野家にもらわれ「ハチ」と名付けられました。

 

ハチは成長し、上野博士が大学へ行くため渋谷駅に行くときは

毎日のように駅の改札まで見送りに行き

帰りも駅に迎えに行き一緒に帰るのが日課でした。

 

しかし、1925年に上野博士は職場の東京帝国大学で

脳溢血のため息を引き取ってしまいます。

 

博士が帰ってこない駅で帰りを待ち続けるハチ

雨の日も雪の日も博士がいたころと同じ時間に駅に通い

飼い主を待ち続けるハチを周りの人は

見守ります。

およそ10年も待ち続けたため、駅の周りの人に

ハチはおなじみの光景となっていました。

 

1932年には新聞に「いとしや老犬物語、今は世になき主人の帰りを待ちかねる七年間」

という記事が掲載され話題となり

寄付金などにより1934年には銅像も完成しました。

 

ハチがこの世を去ったのはその翌年のことです。

最後の場所

ハチ公がこの世を去ったのは1935年

昭和10年のことでした。

ハチ公が倒れていた場所は渋谷川に架かる稲荷橋付近

渋谷駅ではなかったのですね。

死因は近年の研究によりガンと考えられているそうです。

 

ハチは普段、稲荷橋付近を訪れることはありませんでした。

なぜその付近で倒れていたのでしょう?

そこには生前お世話になった人々に最後の挨拶を

して回っていたという説があるのだとか。

ハチモいろいろな人に恩を感じていたのでしょうね。

HACHI 約束の犬

忠犬ハチ公の話はアメリカでも映画化されています。

 

その映画はリチャード・ギアさん主演の

HACHI 約束の犬」です。

2009年に公開されました。

 

動物の感動的な話は国を飛び越えて

行くんですね。

 

【世界の何だコレ!?ミステリー】新潟県五泉市にある銅像忠犬タマ公の伝説とは?
3月30日の「世界の何だコレ!?ミステリー3時間SP」では 「授業でも習う!忠犬タマ公とは?」が 放送されます。 忠犬タマ公? 忠犬ハチ公なら聞いたことがありますが。 授業で習うということは地元では有名...
ちょっと一言

最後はいろいろな場所を周っていたのかな

物覚えもよかったんだろうね

コメント