【世界まる見え!】中国のゴッホ趙小勇とは?本物と対面で人生が変わる?

TV番組

10月19日放送の「世界まる見え!」で

「10万枚以上のコピー絵画を描いた中国のゴッホ!

ヨーロッパで生まれて初めて本物のゴッホの絵と対面!人生がどう変わる?」

が放送されます。

 

中国のゴッホとは趙小勇さんのことです。

この人は画家ではなく画工。

ここの画工は複製画のみを手掛けている絵描きのことを指すのだとか。

 

趙小勇さんはゴッホの代表作「ひまわり」や「自画像」などを

20年間描き続けていて、その数は10万枚を超えるため「中国のゴッホ

と呼ばれているそうです。

 

趙小勇さんははじめて実物のゴッホを見て衝撃をうけ

人生が変わったのだとか。

どういうことなのでしょう?少し調べてみました。

 

売っているの?

お土産?

ゴッホ

ゴッホは世界的に有名なオランダのポスト印象派の画家です。

 

生前にはゴッホの絵はあまり評価されなかったようですが

死後に評価はぐんぐん高まり

日本のバブル期の1990年には「医師ガシェの肖像」が日本人により124億円で落札されたことがあります。

 

日本の浮世絵の影響を大きく受けていることでも有名ですね。

趙小勇

趙小勇さんは中国内陸部の湖南省出身。

貧しかったため、中学一年生までしか学校には通えませんでした。

 

20歳のころは広東省深圳で陶器工場に職を得て絵付けを担当。

その後、市内の絵画工房に引き抜かれます

 

深圳市には、1万人もの画工が住む大芬村があり

年間数百万点もの油絵の複製画が生み出されています

ここは一大複製画生産拠点になっていて、世界中の土産物店などで

「中国産のゴッホ」が売られているそうです。

 

趙小勇さんも1998年から見様見真似でゴッホを描き始め、現在は売れっ子となったのですね。

 

ハイスピードプラン

本物と対面

趙小勇さんは描けば描くほど「これは芸術品なのか工業製品なのか。

複製画なのかニセ物なのか」と悩むようになってきました。

 

ゴッホの絵を描くようになって20年、生活は一向に楽にならず

むなしさを感じるようになっていきます。

 

そこで他の画工たちとともに、オランダに本物のゴッホを見に向かったのです。

 

本物のゴッホと対面し、趙小勇さんは感動

「今は評価されなくてもいい。自分の心のままに描いていこう」と誓い

自分のオリジナル作品として故郷に住む老婆を描くことに挑むことになりました

 

【片桐仁】浮世絵師葛飾北斎が作った絵の描き方のハウツー本略画早指南とは?
6月15日の「所JAPAN」では「今さら聞けない大人のための特別授業」が 放送されます。 コロナ禍で家で子供に勉強を教える機会が植えている大人もいることでしょう。 そんな大人のための特別授業が開港されます。...
ちょっと一言

中国にそんな場所があったんだ

お土産で複製画を買う人も多いだろうしね

コメント