【激レアさん】地上6000mの断崖に宙づりで1週間生き延びたミナミウラとは?

TV番組

9月14日放送の「激レアさんを連れてきた。」では「地上6000mの絶壁に引っかかって宙吊りになり

食料なし、身動きが取れない状態で1週間乗り切った人」が登場するそうです。

 

地上6000mってあまり想像がつきませんね。

日本の最高峰は富士山の剣ヶ峰で3776m。

2倍近くの高さがありますし。

 

そんなところで宙づりになるなんて、しかも1週間ですよ。

僕だったら孤独と絶望で発狂していたかもしれません。

 

そんな絶望的な状況を生き抜いたのはミナミウラこと南裏健康さん。

 

どういう状況で6000mの宙づりとなったのでhそう?

少し調べてみました。

山から落ちたのかな?

宙づりは想像したくないね

トランゴタワーズ

 

今回、宙づりとなった場所はパキスタンのトランゴタワーズ

ヒマラヤ・カラコルム山脈のバルトロ氷河の北部にある花崗岩断崖群です。

 

タワービルが乱立しているような感じで高さ、大きさがハンパなく

多くのロッククライマーたちが憧れる場所なのだそうです。

 

最も高いポイントは6286mのグレートトランゴタワー。

危険で難しいポイントだからこそロッククライマーたちが挑むのでしょう。

 

南裏健康

南裏健康さんは奈良県出身の1957年生まれです。

13歳ごろから大人と一緒に登山を始め、18歳になると本格的なクライミングを始めました。

 

1990年、2年半準備を経て憧れのトランゴタワーへ仲間たちと向かいます

挑戦から27日目、南裏さんは単独登頂に成功

ベースキャンプデサポートしていた仲間たちも喜びました。

 

南裏さんはトランゴタワーの頂上からパラグライダーで下山しようと試みます。

向かい風の絶好のコンディションの中飛んだところ、向かい風が吹き失速し

墜落

頂上から70メートル下の場所でパラシュートが引っ掛かり、宙ぶらりんとなってしまったのです。

 

 

マウンテンシティ

救出まで

飛ぶため山頂に用具や食糧などを残してきましたが、トランシーバーは持っていました。

下手に動くと危ないので、トランシーバーで仲間にSOSを送り

救助ヘリの要請をしてもらいます。

 

山頂付近なので酸素濃度は平地の半分で夜には気温がマイナスー10度まで冷え込みました。

翌朝、岩が出ていた場所を発見、飛び移ることに成功します。

 

その後、ヘリコプターがやってきましたが、高さと険しい岩場のため救出は不可能でした。

そこで仲間の大本さんと保科さんがもう一人の仲間の笹倉さんにトランシーバーを預け救出に

向かうことになったのです。

 

その間、南裏さんは氷でのどを癒し、凍傷を防ぐために体をさすったり

手足の指を動かしたりしていて、救いはトランシーバーでの仲間からの励ましだったそうです。

 

救出に向かった2人とは出発してから3日後に合流、空腹と寒さでほとんど眠れなかった

南裏さんですが、幸い怪我はしてなく合流するとザイルで自力で下山。

 

遭難してから7日目にベースキャンプに戻ることができましたが、体重が10キロ減っていたとか。

単独登頂は世界初だったので、その快挙とともに救出劇も合わせて海外でも話題となりました。

 

現在、南浦さんはクライミングの先生として活動しているそうです。

 

8月11日は祝日の山の日、なぜ8月11日?人気の山の一位は?
8月も半ば、今の時期は暑さも厳しくお盆の帰省ラッシュなどで渋滞に巻き込まれている人もいることでしょう。 そして、熱中症にも要注意ですね。 毎日、倒れたりなくなったりする人のニュースを見かけます。 本日、8月11日は...
ちょっと一言

仲間に励まされたんだね

パラシュートが引っ掛かってなかったら危なかったかも

コメント