【ワールド極限ミステリー】兵庫県のツチノコが住む里千種町にあるツチノコのミイラとは?

TV番組

7月27日の「ワールド極限ミステリー」では

「ももいろクローバーZ高城れにプレゼンツ!ツチノコ&UFOミステリー!」が

放送されます。

 

ももいろクローバーZの高城れにさんが

伝説の生物ツチノコを負うのだとか。

ツチノコといえば、あのヘビみたいな伝説の生物ですよね。

昔から名前は聞きますが、見たことはありません。

 

兵庫県千種町にはツチノコのミイラがあるそうです。

どういうことなのでしょう?

少し調べてみました。

 

ツチノコかあ

最近あまり聞かなかったね

ツチノコ

ツチノコは日本にいると言われているUMAです。

 

手も足もなく、ヘビのような感じですが

頭が大きく、胴体が太くて短く

藁打ちに使う槌に似た姿から槌の子という名前が付けられたようです。

 

ツチノコは日本各地で目撃証言があり

1970年代にはツチノコブームが起き

小学生たちはツチノコ捜索に夢中になりました。

 

ツチノコの生け捕りに賞金を懸けた自治体も

あったようですね。

兵庫県宍粟市千種町

兵庫県宍粟市千種町(ちくさちょう)。

2005年に合併し、宍粟市の一部となりましたが

ツチノコが住む里として全国的に有名です。

 

有名になったのは1992年。

ツチノコ捜索ブームに乗り、知名度アップを狙った町は

ツチノコ生け捕りに2億円の賞金を懸けたのです。

当時の街の税収に近い賞金。

 

ツチノコが見つかることはなく

賞金も廃止されたみたいですが

ツチノコのミイラがいるのだとか。

ツチノコのミイラ

かつて千種町のツチノコ捜索メンバーの中心メンバーだった人の

親友がツチノコのミイラを持っているのだとか。

 

2001年、千種町の山道で斜面が崩れている場所を車で徐行して

進んでいたところ土砂から何かが

首を出していました。

 

その生き物の首にひもを巻き土砂から

引っ張り出すと太くて短い見たこともないような

ヘビだったんです。

そのヘビをビニール袋に入れ持って帰り

写真などを取っていると動かなくなり死んでしまったため

乾燥させてミイラにしたのだとか。

 

今回は科学でツチノコのミイラの正体に迫るようですね。

どのようなことになるのか楽しみです。

 

【UMA】アメリカ各地で目撃の下半身だけで走る生物ナイトクローラーとは?正体は何?
12月22日の「世界くらべてみたら」では 「世界の都市伝説」が紹介されます。 世界各地にはいろいろな都市伝説がありますね。 そして都市伝説は人をひきつけます。 今回の番組では数々の都市伝説が紹介されま...
ちょっと一言

なんだろうね?

ヘビの仲間?

コメント