【アンビリバボー】山口県・萩大島の漁師を救った株式会社GHIBLIの坪内知佳とは?

TV番組

5月13日の「奇跡体験!アンビリバボー」では

「一歩踏み出して人生激変!輝く女性SP」が放送されます。

 

その中で突然漁師たちに改革を頼まれた24歳のシングルマザー

人の話があるようです。

 

山口県・萩大島の漁師たちは漁業の衰退に悩んでいました。

そこで福井県出身の当時24歳、2歳の子供を持つ坪内知佳さんに「俺たちの未来を救ってくれ」

と頼んだそうです。

 

坪内さんのチャレンジは自分だけでなく、漁師たちの常識を変えることとなります。

どういう事なのでしょう?少し調べてみました。

 

なんで24歳の女性に頼んだの?

どういう縁なんだろ?

坪内知佳

坪内知佳(つぼうちちか)さんは1986年生まれで福井県出身。

 

坪内さんは客室乗務員を目指しいていましたが、20歳で結婚。

結婚を機に山口県萩市に移住し、21歳で出産。

しかし、4年後に離婚してシングルマザーとなりました。

 

萩市の離島の大島、通称萩大島は人口700人で人口の半数が漁業にかかわっていましたが

漁獲量の減少が問題となっていたようです。

坪内さんは事務所を開き観光協会の翻訳や経営コンサルタントを行っていました。

 

繁忙期、協会からの依頼で旅館のコンサルティングを請け負い

宴会現場の中居指導に当たりましたが、その時に出会ったのが

萩大島の漁師を束ねる存在の長岡さんだったのです。

 

【アンビリバボー】大赤字の杉浦味淋株式会社2代目杉浦嘉信への亡き祖父からのメッセージとは?
3月3日の「奇跡体験!アンビリバボー」では「時を超え届いた亡き祖父からのメッセージ」が放送されます。杉浦嘉信さんの実家は祖父の代からある事業を行っていました。杉浦さんは長男でしたが、東京の大学へ行き東京の会社に就職。「東京で物流の勉強をして

力を貸してほしい

長岡さんは坪内さんに「6次産業化」の事業計画の作成を依頼。

2011年に坪内さんを代表、長岡さんを船団長とする「萩大島船団丸」を旗揚げしました。

 

そこで生まれたのが「自家出荷」というアイデア。

朝に取れた魚を箱に詰め、宅配便で東京などの消費地の顧客のもとに届ける「鮮魚BOX」なのです。

 

サービス立ち上げ当初は加工や販売を手掛けていた事業者を通さず

漁師も消費者のために魚を取るという思考がなかったため

漁業関係者などと衝突が起きたそうです。

株式会社GHIBLI

始めは赤字でしたが、「自家出荷」のため地方市場で競り落とされる価格の1.5倍~3倍ぐらいの値段で売れ

わずか一年で黒字に。

 

この取り組みは新たな事業を創出したとして、農林水産省から認定を受け

「鮮魚BOX」も軌道に乗り、2014年には株式会社GHIBLI(ギブリ)を設立

サービス開始から7年後には売り上げは初年度の10倍まで増えていました。

 

他にもコンサルティング事業や真珠の販売

萩への視察旅行の企画・運営などを行っているそうです。

 

【セブンルール】岩手県職員から漁師へ、高橋典子はなぜ漁師に?
10月22日放送の「セブンルール」では(岩手県職員から漁師へ…故郷の漁業盛り上げようと奮闘する27歳) ということで漁師の高橋典子さんが登場します。 元々公務員だったのに、漁師に転向したのだとか。 現在、漁師になる...
ちょっと一言

始めは大変だったんだろうね

漁師の人は気難しそうな気がするし

コメント