【ナニコレ珍百景】福岡新宮町の運送会社西田商運はラーメンの豚骨スープの残り汁を車の燃料にする?

TV番組

4月17日の「ナニコレ珍百景」では

「LED メーカーで職人手作り和食を商品化&ラーメンスープから燃料SP」が

放送されます。

 

そこで福岡の「とんこつラーメンの廃棄スープを燃料にする運送会社」が

紹介されるようです。

 

福岡といえばとんこつラーメン。

ラーメンのスープも多く残ることでしょう。

そのスープをバイオ燃料として利用?

そんなことができるのでしょうか?

すこし調べてみました。

 

スープの残りを燃料にするの?

捨てるよりいいだろうけど

新宮町

新宮町(しんぐうまち)は福岡県の粕屋郡に属する

町です。

人口は約3万3千人。

 

福岡市内へは電車を使うと20分ほどで行ける距離のため

新宮町の人口の4割ほどが福岡市内へ通勤していると

言われています。

 

自然環境も豊富で交通の便もよく、町の開発が急速に

進んでいるため人口も増加傾向にあるようです。

西田商運

とんこつラーメンの廃棄スープを燃料にする運送会社とは

西田商運

新宮町にある従業員約250人の運送会社。

九州や中国地方のコンビニなどに食品を配送しています。

 

この会社では廃棄するラーメンのスープを燃料に

使っているようですが

驚くことに会長が独学で技術開発したそうです。

とんこつスープを燃料に

当時、小泉総理がトウモロコシなどからバイオ燃料を

作る話をしていて

うちのトラックは化石燃料しか使っていないと思った会長が

「僕がやらないかん」と知識ゼロから

ペットボトルやアルミの容器などを使用し研究を始め

3年半という時間をかけてバイオディーゼル燃料の

実用化にたどり着きました。

 

ラーメンスープはチェーン店の社長からラーメンのスープの

飲み残しを捨てるのが大変と相談されひらめいたそうです。

取引先のラーメン屋に「ラーメンとんこつカットくん」という

残りのとんこつスープを入れるとスープとラードを

分離してくれる装置を置き

ラードを引き取りバイオディーゼル燃料を作っているのだとか

 

西田商運はラーメンのスープ以外もいろいろな廃油を

無料で回収しバイオディーゼル燃料を製造。

1日に約1300リットルを、軽油よりも安価な単価で製造し

約170台保有する自社配送車の約4割の燃料を賄っているそうです。

 

【激レアさん】髙橋夕佳が開いたラーメン屋は?ど素人だったのに年商7億?
12月7日放送の「激レアさんを連れてきた。」では 「3人の子どもを育てながらイチかバチかの賭けに出て ド素人なのに上京してラーメン屋さんを開いたら年商7億円を達成しちゃった勝負師」が 放送されます。 ど素人な...
ちょっと一言

環境にもいいよね

そんな使い方があったんだ

コメント