【逆転人生】金子友則のとんかつ店まるかつが逆転に利用したSNSの使い方は?

TV番組

 

4月27日放送の「逆転人生」では「SNSがつないだとんかつ店の奇跡」が放送されます。

 

金子友則さんが奈良県で営むとんかつ店は店の立地に悪条件が重なり

お客さんが全くというほど入らずに借金が5000万円まで膨れ上がってしまったそうです。

そのために閉店のピンチに追い込まれますが、SNSを利用しあるつぶやきを行ったことによって

全国からお客さんがやってくる人気店へと変わりました。

 

SNSを使った宣伝などはどのお店もやっていることでしょう。

でも、すべてがすべて成功し人気店になるわけではありません。

金子さんはどのようなつぶやきをしたのでしょう?

すこし調べてみました。

 

どんなつぶやきだったのかな?

気になるね

金子友則

 

金子友則さんは高校卒業後、17年間焼き肉店で修業をした後

2014年に格安のとんかつ店「まるかつ」を出店します。

 

本当は焼き肉店を出したかったところ、初期投資が少ないとんかつ店を始めようと思ったのだとか。

 

とんかつはとてもおいしいのですが、お店の立地も今までいくつものお店がつぶれるなどよくなく

価格を安くしすぎたために、年中無休で働いても赤字続きでヘトヘトに疲れてしまいます。

 

そこで3年後に知り合いの話も聞きの路線変更。

価格を見直し、座席も減らしメニューも自信があるものだけに絞りました

すると今まで来ていたお客さんが急な路線変更で価格が上がったということもあり

一気に離れていったそうです。

SNS

 

閉店という考えもよぎりだしたとき、知り合いの経営者に相談したところ「自分のやりたいことうれしいこと

その思いを正直に伝えてみたらどうですか?」

とアドバイスを受け、とんかつの写真もない正直な思いのクーポン付チラシを作成し

新聞折込にしました

チラシ効果は大きく、大勢のお客さんが来たそうです。

チラシもおもしろく、集めている人も多いのだとか。

 

2018年2月、福井県で豪雪の被害がおこるとニュースで知った店長は

始めたばかりのツィッターでつぶやきました

 

店長のツイートは拡散され、感謝のリプライであふれることになります。

さらに石川県、富山県、新潟県まで範囲を広げ、このことはネットニュースにもなり

フォロワーも大幅に増えたそうです。

 

 

この無料食堂の試みが一気にSNSで拡散され、たくさんのメディアにも取り扱われるようになりました

これを見て感動した人たちがさらにお客さんとして店に訪れることになるのですね。
「目の前で困っている人を放ってはおけない」という

店長さんの熱い心が新たなお客さんを呼び込むことにもつながったのです。

まるかつ

人情店長、金子さんの店「まるかつ」は奈良県奈良市神殿町にあります。

ただ、現在はコロナの猛威がふるっている時期。

「まるかつ」も電話のみ注文のお持ち帰り専用となっているようです。

 

今は外食も難しい時期。

「まるかつ」のとんかつを家でじっくり楽しむのもいいですね。

 

 

ちょっと一言

一度行ってみたいなあ

店長さんの人柄も人気の秘訣みたいだね

コメント