【仰天ニュース】千原ジュニアが手術した難病特発性大腿骨頭壊死症とは?

TV番組

6月21日の「ザ!世界仰天ニュース」では

芸能人仰天事件SP」が放送されます。

 

芸人として活躍中の千原ジュニアさん。

実は2022年の3月に難病の手術を受けていたそうです。

 

2020年の暮れあたりから体に異変を感じるように

なり、右股関節に痛みが。

半年後には自力で足を持ち上げられないほどの

痛みになったのだとか。

 

このジュニアさんの難病とは「特発性大腿骨頭壊死症」です

どのような病気なのでしょう?

すこし調べてみました。

 

難病なんだ

坂口憲二さんもこの病気だよね

千原ジュニア

千原ジュニアさんは1974年生まれで

京都府出身。

 

中学生の時に引きこもりになりますが

お兄さんのせいじさんに誘われNSC大阪校に入り

芸人の道に進みます。

せいじさんが誘った理由は「家におったから」なのだとか。

 

1989年にお兄さんのせいじさんと千原兄弟を結成。

 

現在はコンビで活動することはあまりなく

ピンで活躍しています。

特発性大腿骨頭壊死症

千原ジュニアさんが手術した難病は

特発性大腿骨頭壊死症

この病気は股関節にある大腿骨頭の血流が悪くなることによって

骨が壊死する病気です。

壊死しただけじゃ痛みを感じなく

時間差で壊死した部分がつぶれることにより

痛みが生じるのだとか。

 

堀ちえみさんや坂口憲二さんもこの病気を患っています。

手術

千原ジュニアさんは2021年11月ごろから痛みを

感じるようになり手術前は本当に痛くて

寝るときも布団の重さで痛みを感じ

一晩で5回か6回は目が覚め、1時間眠れたら

良いくらいの生活が続いていたそうです。

 

人工関節を入れる手術を行ったのですが

股関節のバランスを図るのにアプリを使用したのだとか。

昔は大きな機械でメスを入れる角度を測っていたらしいのですが

技術が進歩したのですね。

 

術後はぐっすり眠れるようになったらしく

メスを入れた部分に痛みはあるそうですが引いてくる痛み。

今までのような得体のしれない痛みとは違うので

全く感じが違うのだとか。

 

原因不明の痛みとかきついですからね。

経験がありますがあ、精神的に来るものがあります。

 

今回、千原ジュニアさんが手術のことを報告したことで

人工関節を入れたというたくさんの人から反響が来たそうです。

 

【有名人デパート】俳優坂口憲二は難病の特発性大腿骨頭壊死症で芸能活動休止、現在はコーヒー焙煎士?
3月24日には「開店!有名人デパート」が放送されます。 この番組は芸能人、アスリート、文化人などが 貴重な私物、趣味で作った作品、仰天のサービスなどを自ら販売する 一夜限りの有名人デパートが開店する番組です。 ...
ちょっと一言

手術する人の勇気になったかもしれないね

経過とかわからないと怖いからね

コメント