2003年テキサス州でセレブ一家4人が銃撃される、犯人はまさかの家族!

TV番組

6月15日放送の「世界法廷ミステリー

各国の様々な事件の謎にせまる人気番組みたいですね。

 

そこで今回取り上げられるのは2003年にアメリカのテキサス州シュガーランドで起きた事件

セレブ一家の父、母、長男、次男が銃撃され母と次男が亡くなり、父と長男もけがを負ったという

残忍な事件です。

襲われたのがセレブ一家ということで金目当ての犯行かとも思われましたが、犯人は

意外な人物でした。

どんな事件だったのでしょう?少し調べてみました。

銃社会の怖さなのかな?

金銭目的じゃないのなら恨みなの?

一家銃撃事件

2003年12月10日に事件は起こります。

長男のバートさんが大学の最終試験に合格し、卒業祝いということでお祝いのために

両親と兄弟の家族4人で外食することになりました。

家族のだんらんを楽しみ、バートさんは両親から高級時計のプレゼントを貰い

ディナーの終了後家路につきます。

 

しかし、家に帰るとまっていたのは惨劇でした。

弟のケビンさんが家に入ると、待っていたのはマスクで顔を隠した男

その直後、男はケビンさんに向かって発砲し、次に母親のトリシアさんに発砲。

次に父親のケントさんにも発砲し、長男のバートさんはもみ合いとなり腕を打たれます。

犯人の男は車で逃亡、ケビンさんはその場で亡くなりトリシアさんも病院に運ばれる途中で

亡くなってしまいました

ケントさんとバートさんは負傷はしたものの命に別状はありません。

驚きの犯人

初めは強盗に入った男が戻ってきた家族に驚いて発砲したのだろうと捜査されていたのですが

奇妙なことが見つかります。

宝石類など高級品が動かされた形跡がなく部屋も引き出しは空いているものの秩序だっていました

使用された銃は家族所有の物で目立たない場所に置かれていましたが、場所を犯人は知っているかのように

見つけ出していたのです

怨恨の線も疑われましたが、そういう事実も出てきませんでした。

 

刑事は重症のケントさんのかわりにバートさんに状況を説明してもらいます。

しかし、一つ引っかかることが出てきました。

バートさんの卒業祝いのディナーだったのに、そういう事実はなく大学は休学していたのです

「家族をがっかりさせたくなかった」と言っていたバートさんですが、7か月後に失踪します。

 

この出来事に警察は混乱しますが、バートさんの親友だったクリスとスティーブンに

事情を聴き、注目することにしました。

二人に捜査が進んでいくとまず自白をしたのはスティーブン。

クリスが一家を銃で撃ち、スティーブン運転の車で逃げたというのです。

 

2005年9月、クリスとスティーブンは殺人容疑で逮捕されます。

そしてメキシコで偽名を使って生活していたバートもメキシコ当局に逮捕され強制送還されてきたのです。

 

実は長男のバートが2人を雇って、家族を殺害しようとしていたのですね。

自分が撃たれたのは捜査をかく乱するため、父親が生き残ったのは想定外でした。

動機はというと両親が亡くなった後に出る保険金150万ドル、弟を殺害したのは

保険金を分けたくなかったからというのが警察の見方です。

バートは完全犯罪を犯そうと思っていたのですね。

その後にわかることですが、バートは過去にも数回家族の殺害計画を友人に持ち掛けたことがありました。

絶対零度~未然犯罪潜入捜査~

判決

殺人の罪を認めたクリスは30年の懲役刑で仮釈放の資格を得ました。

スティーブンは15年の禁固刑。

 

バートはというと直接手を下したわけではないが、犯行の主導権を握っていたとして

2007年3月に死刑を宣告されました。

しかし、その刑の執行に強く反対したのが生き残った父のケントさん。

「最後の近親者である息子をテキサス州が刑を執行すれば私は再び犠牲者となる」と主張し

弁護団とともに様々な活動をしたのです。

2018年2月22日、その父親からの嘆願を受けたテキサス州のアボット知事は

刑の執行直前に停止を命じました

「この凶悪犯罪のバツとして、残りの人生を獄中で過ごす必要がある」と

終身刑に変更されたそうです。

 

昭和におきた五・一五事件では喜劇王チャップリンも狙われていた?
喜劇王と言われたチャップリン。 親日家だったそうですね、天ぷらが大好きだったとか。 そのきっかけは移民としてアメリカへ渡った日本人、高野虎市さんの影響がありました。 高野さんは1916年にチャップリンに運転手として雇われ後...
ちょっと一言
最後の家族ということで父親の気持ちもわからなくはないけど

複雑だね

コメント