【極限ミステリー】38歳年下の妻が殺人?アメリカのドンファン殺人事件とは?

TV番組

5月26日放送の「ワールド極限ミステリー」では

もう1つのドンファン殺人事件」が放送されます。

 

今日本では紀州のドンファン事件が大きな話題となっていますね。

実は海外でも似たような意見があったらしいのです。

それは全米を震撼させたという「テキサスのドンファン殺人事件

愛犬の不審死や38歳年下の妻に疑惑が向くなど似ている部分が多い事件です。

 

どのような事件なのでしょう?

少し調べてみました。

 

アメリカでもドンファン?

~のドンファンって多いいの?

テキサスのドンファン

スティーブン・ビアードはテキサス州のダラスで生まれ

KBVOのオーナーとして大成功を収めた人物。

巨額の資産からテキサスのドンファンと呼ばれていました。

 

1993年、68歳の時に妻が亡くなり独身となります。

ある日、3回の離婚歴があるシングルマザーセレステ・マルティネスと出会い

家政婦として雇い入れ、やがて結婚することになりました。

2人の年齢差は38歳でセレステの双子の娘は養女となります。

ドンファンの死

ドンファンの家では頻繁に食事会が行われるようになります。

ドンファンにはベッキーという実の娘がいましたが、セレス手の友達のトレイシーが事あるごとに

高級品をねだっていたりしたこともあり

ベッキーはセレステのことが気に入らなかったそうです。

 

しばらくして愛犬のウィッチの不審死が見つかると

ドンファンの体調も急激に悪化

1999年10月2日深夜ドンファン宅から緊急通報が届きます。

ドンファンが撃たれて腹から内臓が飛び出ているというのです。

そのまま救急車で病院に運ばれましたが、4か月後に死去

 

家は荒らされていて、警察は捜査を開始しました。

逮捕

そこで警察が逮捕したのはトレイシー

ドンファンの妻セレステの友人です。

 

トレイシーは完全黙秘。

トレイシーの銃から撃たれたのですが、トレイシーが撃ったとは立証できずにいました。

 

しかし、ある日トレイシーは自分が撃ったと自供します。

トレイシーとセレステは愛人関係にあり、トレイシーは利用されたと主張したのです。

自供したのもセレステが再婚したという新聞記事を見たからでした。

 

裁判では弁護側と検察側の主張が対立。

そこで検察側の切り札の証人として出てきたのが、セレステの双子の娘クリスティーナ

クリスティーナは母は財山目当てで結婚し、父を虐待していたと訴えたのです。

 

セレステはトレイシーも殺害しようとしていたことがわかり、終身刑を言い渡されました。

 

伝説的女子プロボクサークリスティ・マーチンの殺人未遂事件とは?犯行の理由は?
11月3日の「世界が騒然!本当にあった(秘)衝撃ファイル」では 「伝説的ボクサーの天国と地獄…18年間夫に脅迫され続けた世界王者」が 放送されます。 この伝説的ボクサーとは女子プロボクサーのクリスティ・マーチン。 ...
ちょっと一言

やっぱり第一に奥さんが疑われるよね

年齢差があって不自然に亡くなるとね

コメント