大みそかにメイウェザーと戦った那須川天心、対戦要求続出?

TV番組

2018年12月31日、さいたまスーパーアリーナで格闘技イベントRIZIN

が行われました。

そのメインイベントではキックボクサー那須川天心VSボクシングレジェンド

フロイド・メイウェザーのボクシングでの一戦が行われ

天心選手は実力の差を見せつけられます。

体重差があり、相手が本職だったということもありますが。

メイウェザー選手のファイトマネーは900万ドルだったともいわれてすね。

 

2月28日放送の「ダウンタウンDX」では天心選手がこの試合の舞台裏を語るそうです。

どういう話が聞けるのでしょうか?

さらにこの試合の後、天心選手に対戦要求をしてくる選手が出てきます。

ファイトマネーも高いし、おいしいと思われているのかもしれません。

そのことについて少し調べてみました。

 

1試合で900万ドルってすごいね

10億円近くでしょ

那須川天心

生年月日 1998年8月18日

出身地 千葉県

身長 165cm

所属ジム TARGET

プロデビュー年 2014年

 

那須川天心選手は神童の異名を持つキックボクサーです。

5歳から極真空手を始め、小学6年生の時に本格的にキックボクシングに転向。

テレビでK-1と魔裟斗選手をみて憧れを抱いたからだそうです。

その後、アマチュアキックボクシングのタイトルを総なめ。

ジュニアのウンド・フォー・パウンド(最強)」と言われたそうです。

 

2014年7月12日にキックボクシング団体RISEのリングでプロデビュー

いきなりランカーとの対戦になりましたが、1ラウンド58秒でKO勝利という衝撃の

デビュー戦となりました。

プロとしてもRISE世界フェザー級王者やISKAオリエンタルルール世界バンタム級王者

など数々のタイトルを獲得。

2016年12月29日にはRIZINで総合格闘技のデビューもしています。

ナックル姫と呼ばれプロ野球デビューもした吉田えりの現在は監督?
ナックル姫、覚えていますか? ナックルボールを投げ、日本初の男性と同じチームでプレーする女性プロ野球選手となった 吉田えりさんのことです。 当時は大きな話題となりましたね。 吉田選手ののおかげで女子野球の知名度も上が...

フロイド・メイウェザー・ジュニア

メイウェザー選手は1977年生まれの元プロボクサー。

プロでは50戦50勝と無敗で5階級制覇をした伝説級のチャンピオンです。

もっとも稼ぐボクサーとしても有名ですね。

なんでも今までで800億円近く稼いでいるとか。

 

2017年には総合格闘技のUFC世界ライト級王者コナー・マクレガー選手と

ボクシングの試合をしましたが、ファイトマネーのみで約110億円稼いでいます。

ちなみに2018年6月に発表されたスポーツ長者番付では年収2億8500万ドルで1位でした。

2位がサッカーのメッシ選手ですから、そのすごさがわかると思います。

対戦要求

天心選手と対戦したいキックボクサーはたくさんいると思いますが、メイウェザー選手との

対戦後いろいろな選手から対戦要求を受けるようになりました。

コナー・マクレガー

メイウェザー選手とも戦ったことがあるUFCの2階級制覇王者コナー・マクレガー

選手がインスタグラムで

「東京に行って総合格闘技のエキシビジョンマッチでテンシン・ナスカワと戦いたい」

とラブコール、天心選手の返事は

「58キロのキックボクシングルールなら、おそらく僕らは近い将来リングで対峙することができ

るでしょう」

ガーボンタ・デービス

メイウェザー選手の愛弟子でWBA世界スーパーフェザー級チャンピオンです。

どうやらメイウェザー選手がプロモーターとして対戦を要望したみたいですね。

 

武尊

対戦要求はしていませんが、キックボクシングファンが望んでいる試合でしょう。

武尊選手はK-1WORLDGPを3階級制覇したチャンピオンです。

二人とも試合には乗り気なようですが。。。

団体の違いなどがあり、なかなか実現しません。

実現したら話題になることでしょう。

 

U-NEXT

ちょっと一言

タイミングとかもあって、実現しない試合ってあるんだよね

ファンが望んでいても難しいのかな

 

コメント