【マツコの知らない世界】坂井田茂は博物館の館長?世界の凧の祭典とは?

TV番組

 

もうそろそろ今年も終わりです。

あと1か月と立たないうちにお正月がやってきますね。

 

お正月と言えば凧揚げ!

最近では場所の問題などもあり見かけることが少なくなってきましたが

やはりお正月の定番です。

 

12月17日放送の「マツコの知らない世界」では「凧の世界」が紹介されます。

紹介者は坂井田茂さん。

凧の魅力に取りつかれ40年、世界中の凧を集め博物館を開いたそうですよ。

どのような人なのでしょうか?

少し調べてみました。

 

凧揚げはあまりやったことないな

電線も多いし、広い場所がないとね

坂井田茂

 

今回「凧の世界」を紹介するのは坂井田茂さん

 

坂井田さんは中学校の美術教師だった23歳の時に授業で凧を作り

その魅力に取りつかれます

各地の凧を研究していくうちに「子どもの成長や豊作など、凧にかける願いが土地ごとに異なる」

とさらに魅了されていきました。

 

それから国内は月に一回、海外では観光旅行を2の次にして凧探しを年に2回ほど

行なうになります。

坂井田さんが小学校の校長になった後は学校で凧教室や凧作り教室を開き

子供たちに凧のことを伝えてきたのですね。

 

その後は高田短大非常勤講師となり、津市の市議会議員としても活動しました。

坂井田・世界凧博物館

坂井田・世界凧博物館」は三重県津市船頭町にあります。

 

坂井田茂さんが自宅敷地内に開館し、世界中から集めてきた

1600もの凧を収蔵しているそうです。

 

営業時間や定休日などは決まってないそうですが、訪れる際は予約が

必要となっています。

個人でやられているのではないでしょうか?

世界の凧の祭典

 

世界の凧の祭典というイベントもあるようですよ。

31回も続いているのですね。

 

行なわれている場所は石川県河北郡内灘町。

毎年国内外の凧愛好家が自慢の和凧、洋凧を披露するそうです。

 

凧愛好家にはたまらないお祭りですね。

ちょっと一言

凧の世界も奥深そうだね

世界中の凧を比べるのも面白いんじゃない

コメント