カンニング竹山がかかっていた難病強皮症とは?どのような症状で治療法は?

TV番組

 

2月4日の「ザ!世界仰天ニュース」では 芸能人苦労話2時間SPが

放送されるようです。

 

そのなかでもカンニング竹山さんは自身の再現ドラマに出演するとのこと。

竹山さんは長年ある症状に苦しめられていたのだとか。

 

症状が出始めたのは20年も前の仕事がまだあまりなかったころ。

突然めまいに襲われ立ち上がれなくなった竹山さんは、父親が脳出血でなくなっていたこともあり

脳の病気を疑い慎重な生活を送るようになります。

 

しかし、めまいが治らなかったため大学病院の脳外科を受診することにしました。

そのとき、脳が原因でない意外な病名を告げられたのです。

 

どのような病気だったのでしょう?

少し調べてみました。

 

現在は治っているのかな?

めまいの原因は何だったの?

カンニング竹山

 

カンニング竹山さんは1971年3月30日に福岡県に生まれます。

 

高校卒業後、浪人生の時にケン坊田中さんと「ター坊ケン坊」を結成。

オーディション番組「第1回激辛!? お笑いめんたい子」で優勝し福岡吉本の第一期生となりました。

同機には博多華丸・大吉さんがいますね。

 

しかし、一年で福岡吉本を退社し上京。

東京で中島忠幸さんとカンニングを結成し、下積み生活の後

テレビにも出演するようになりましたが、2006年に相方の中島さんが白血病で亡くなってしまいます

 

竹山さんはピン活動となりますが、芸名にカンニングを付け活動。

 

現在はバラエティ番組だけでなく、コメンテーターとしても活躍しています。

強皮症

それではカンニング竹山さんがかかっていた病気とはどんな病気なのでしょう

その病気は強皮症

難病指定もされている病気です。

 

竹山さんは20代前半の時にこの病気にかかり

現在は完治していますが、傷跡が残っているそうです。

どんな病気?

強皮症とはどのような病気なのでしょう?

強皮症は皮膚が硬くなるほか、内臓にも病変が起こる全身性強皮症

皮膚のみに病変が発生する限局性強皮症とがあります。

この2つの病気は全く別の疾患と言われていて、竹山さんの場合は限局性強皮症だったみたいですね。

 

限局性強皮症の原因は完全に解明されてなくて、ケガ、ワクチン、感染症など様々な要因により

皮膚を構成する細胞の一部に変化が生じ自己免疫反応が起こることで発症すると推察されています。

 

症状としては様々な部分の皮膚が硬くなったり、幅広く皮膚が硬くなることもあります。

限局性強皮症の症状は皮膚が主ですが、深くまで病変が及ぶと筋肉や関節、神経にまで

障害が及ぶこともあるようです。

 

治療法としては塗り薬や光線療法

全身療法としてステロイドや免疫抑制剤の内服薬を使用することあります。

 

竹山さんの場合は治っているようですが

再発をくり返したり合併症を併発する場合もあり注意が必要です。

 

misonoが公表したメニエール病とはどんな病気?他の芸能人も
歌手でタレントのmisonoさん。 10月1日にブログで10月7日のテレビ番組「ノンストップ!」で自分の病気を告白すると 明かしていました。 がん闘病中の夫Nosukeさんとともにテレビの密着取材を受けていたのですね。 ...
ちょっと一言

20代前半のころに難病で苦しんでいたんだね

よくなってよかったよ

 

コメント