田原俊彦(トシちゃん)の干されたビッグ発言とは?娘の田原可南子は?

TV番組

8月1日放送の「人生最高レストラン」には歌手の田原俊彦さんが登場します。

大暴走して本音も全開するそうです。

 

田原俊彦さんはアイドル歌手としてデビューし近藤真彦さん、野村義男さんとともに

たのきんトリオ」としてブレイクし、ソロでも80年代に一世を風靡しました。

でも、90年代には「ビッグ」発言でもうバッシングを受けたそうです。

何があったのでしょう?

 

田原俊彦さんの娘さん、田原可南子さんも確か芸能界デビューを果たしていましたね。

現在はどうしているのでしょうか?

少し調べてみました。

 

ビッグって何?

何があったの?

田原俊彦

 

この投稿をInstagramで見る

 

いつまでも変わらずカッコいいトシちゃん✨ #同世代のスーパーアイドル #田原俊彦 さん

藤 あや子(@ayako_fuji_official)がシェアした投稿 –

 

生年月日 1961年2月28日

出身地 山梨県甲府市

身長 175cm

デビュー年 1979年

所属事務所 ジェイブレイブ

 

田原俊彦さんは山梨県立甲府工業高等学校に入学後の16歳の時

東京のジャニーズ事務所を直接訪問。

ジャニー喜多川社長に直談判しました。

 

高校時代は週末ごとに東京へ行きレッスンを受け、高校卒業とともに上京。

バックダンサーなどをした後、1979年のドラマ「3年B組金八先生」に出演。

同じ出演者のたのきんトリオの二人とともに大人気となります。

 

1980年には「哀愁でいと」で歌手デビュー。

歌手としてオリコンシングルの連続TOP10入り37作の記録を持ち

NHK紅白歌合戦にも7回出場、音楽番組「ザ・ベストテン」も最多出場記録を持つなど活躍。

俳優としても「教師びんびん物語」などのヒット作に主演するなど活躍を見せますが

 

1994年にジャニーズ事務所から独立したため、ジャニーズのタレントと共演することもなくなり

テレビでの露出も減っていくことになりました。

ビッグ発言

1993年7月、田原俊彦さんと向井田彩子さんの結婚を前提にした交際を写真詩にスクープされました。

 

田原さんはテレビでは認めるような発言も出ますが、マスコミの取材には一切応じません。

そのことが逆にマスコミの取材を加熱することになります。

 

1994年2月、長女誕生を機に会見を開きました。

そこででたのが「ビッグ発言

何事も隠密にやりたかったんだけど、僕くらいビッグになっちゃうとそうはいきませんけどもね

よく分かりました、はい。

田原さんのジョークですが、しばらくすると「いい気になっている」「思い上がりすぎ」など

猛バッシングを受けることになるのです。

 

これには同時期にジャニーズ事務所から独立したことも関係があるのでは?と言われています。

圧力かと思いきや円満退社だったという話もあるのです。

マスコミ対応を嫌がっていた田原さんをジャニーズ事務所の後ろ盾がなくなったということで

マスコミが猛バッシングをしたという話もあるそうです。

 

年月が経ち田原さんは「僕に力がなかった」と語っています。

何でも乗り越えていける力がなかったということなのでしょう。

 

ハイスピードプラン

田原可南子

 

この投稿をInstagramで見る

 

今回のネイルは ちゅるんピンクにキラキラぷっくりをのせました☺️💕 @chipieee_ebisu

田原 可南子(@kanakotahara)がシェアした投稿 –

田原俊彦さんの娘さん田原可南子さんは1994年生まれです。

ビッグ発言の直前に生まれたのですね。

 

スカウトされ芸能界に入りミスマガジン2011の準グランプリを受賞しています。

始めは田原さんの娘であることを隠していたのだとか。

デビュー時は綾乃美花という芸名で活動していましたが、大学卒業の見通しが立った2015年に

本名に戻しています。

女優として活動しますが2018年に事務所を退社、フリーとなります。

 

現在はモデルとして表舞台に立ち、エディターとして原稿も書くモデルエディターなどで

活動しているようです。

今年の2月には「ダウンタウンDX」で2世タレントの時に出演していました。

 

ちょっと一言

娘さんも大きくなったね

親子共演とかはあるのかな?

コメント