【仰天ニュース】2004年、新潟で集団発生した急性脳症の原因はキノコのスギヒラタケ?

TV番組

11月23日の「ザ・世界仰天ニュース」では

「危険な食べ物&有名事件スペシャル」が

放送されます。

 

その中で「秋の味覚で急性脳症

集団発生の謎」ということが紹介

されるようです。

 

秋の味覚といえば栗・柿・サンマ・キノコ

などいろいろと思い浮かびますね。

 

2004年、新潟県在住の女性に異変が起こります。

両手の震えが止まらず、次第に足にも力が入らなくなり

意識障害まで起こってしまいました。

病院に行くと診断されたのは「急性脳症

 

その地域では同じ期間に6人ほどの患者が

報告されましたが、原因は特定されません。

ただ、みんなあるものを食べていたそうです。

 

そのあるものとは普段から親しまれて

食べているもの。

何が起きていたのでしょう?

すこし調べてみました。

 

あるものが原因?

いつも食べているものなのになんで?

2004年

2004年の秋ごろ。

秋田県、山梨県、新潟県などの主に日本海側を

中心に原因不明の意識障害やけいれんなどの

症状の患者が報告され

急性脳症と診断されました。

 

患者は男女合わせ59人が報告され

そのうち19人が亡くなるという痛ましい

こととなってしまいます。

 

江戸時代には和算(数学)のブームがあった?レベルは世界最高水準で関孝和は円周率で活躍?
11月24日の「歴史探偵」では 「江戸の天才たち」が放送されます。 江戸時代は260年も続いた長い時代。 この時代は世界的な才能が花開いた時代だった そうです。 当時の日本では全国的な数学ブーム...

急性脳症

集団発生したという急性脳症とは

どのような病気なのでしょう?

 

急性脳症とは感染症などを契機に

急激に生じた脳機能の障害です。

 

乳幼児期にかかる人が多く

症状としてはけいれんや意識障害を起こすことがあり

後遺症が残ることもあるので

的確に見極め原因に生じた治療が必要なのだです。

スギヒラタケ

この時急性脳症が集団発生した原因と

言われているのが

キノコのスギヒラタケです。

 

スギヒラタケはスギの切り株などに

発生する小柄な白いキノコ。

スギヒラタケは過去にはいろいろな料理に

使われ、おいしいキノコとして親しまれてきましたが

2004年を境に毒キノコとなったのですね。

 

2003年に改正感染症法が公布され

急性脳症患者が発生した場合に行政へ

届け出ないといけなくなったため

報告が集まり調査した結果

スギヒラタケが原因と

考えられるようになったようです。

 

ただ、食べた人全員が中毒になるわけでなく

特定の疾患を持っている人には

致命的な毒になるのだとか。

 

昔は普通に食べられていたスギヒラタケですが

現在は農林水産省も

「スギヒラタケは食べないで」と注意をしています。

 

【激動!世紀の大事件】堺市学童O-157集団食中毒とは?19年後に亡くなった人も
3月20日の「土曜プレミアム・報道スクープSP 激動!世紀の大事件8」では 1996年に大阪堺市で起きたO-157集団食中毒が取り扱われるようです。 O-157という言葉を聞いたことがある人も多いことでしょう。 腸...
ちょっと一言

2004年にわかるまでも何人も亡くなっていたんだろうね

怖いよね

コメント