【ナニコレ珍百景】山形県山辺町の酢醤油で食べるカキ氷「すだまり氷」とは?

TV番組

8月1日放送の「ナニコレ珍百景」では

酢醤油で食べるカキ氷」が登場します。

 

酢醤油で食べるカキ氷?

カキ氷というと甘いシロップなどをかけて食べるイメージですが

酢醤油。

おいしいのでしょうか?

想像できません。

 

これは山形県の山辺町にある「すだまり氷」という

物なのだそうです。

どのようなものなのでしょう?

すこし調べてみました。

 

おいしいの?

想像がつかないね

山辺町

山辺町(やまのべまち)は山形県の南東部にある町です

人口は約1万4千人。

 

キャッチフレーズは「森と湖沼のふるさと ファッションのまち

昭和59年発行の広報誌の記事のタイトルとして使用され

その後、幅広く使用されているそうです。

 

山辺町は繊維と織物の町として

高品質なニット製品の産地でサマーニット発祥の地としても知られています。

日本の棚田百選に選ばれた大蕨の棚田も有名です。

すだまり氷

かき氷に酢醤油をかけて食べるという「すだまり氷」は

山辺町の名物。

「すまだりん」ちゃんというマスコットキャラもいるほどです。

 

カキ氷にシロップをかけたうえで酢醤油をかけるそうです。

直接氷に酢醤油をかけるわけではないのですね。

 

酢醤油のことを酢溜りというそうで

このすまだり氷は全国でも類を見ない斬新なカキ氷。

山辺町内では5店舗ほどで販売されていて

甘さの中にさっぱりとした味わいがあり、この猛暑の日々には

ピッタリなのだそうです。

なぜ酢醤油?

なぜカキ氷に酢醤油を使うようになったのでしょう?

 

その歴史は戦後にまでさかのぼるそうです。

戦後の貧しいころ、かき氷の屋台とところてんを売る屋台が近くにあり

カキ氷を食べるとき有料のイチゴシロップを使わず

ところてんの屋台にあった無料の酢醤油をかけて食べたことが

始まりなのだそうです。

 

それから甘いシロップの上に酢醤油をかけるようになっていったのですね。

 

【ナニコレ珍百景】岐阜県本巣市のラーメン店清太麺房が宇宙食を目指す餃子を開発した理由は?
9月5日放送の「ナニコレ珍百景」では 「目指せ宇宙食!コロナ対策で長期保存可能な餃子を開発したラーメン店」が 放送されます。 場所は岐阜県本巣市。 宇宙食を目指すような餃子とはどのようなものなのでしょう? ...
ちょっと一言

一度食べてみたいね

暑い日が続くしね

コメント