世にも奇妙な物語の前身番組ではタモリはいなかった?過去には映画化も

TV番組

6月8日には「世にも奇妙な物語」が放送されます。

今回の出演者も 郷ひろみさんや吉田羊さん、木村文乃さん玉森裕太さん浜辺美波さんなど

豪華出演者ぞろいです。

世にも奇妙な物語も長く続いていますね。

昔はレギュラー放送があっていましたし。

ところで世にも奇妙な物語のストーリーテラーといえばタモリさんですが

深夜に放送していた前身の番組ではタモリさんではなく別の人がやっていたのを知っていましたか?

それと「コンフィデンスマンJP」のように人気ドラマは映画化されることもありますが、過去に

「世にも奇妙な物語」も映画化されたことがあったんですよ。

そういうことも含めて世にも奇妙な物語について少し調べてみました。

好きな話が一つはあるよね

僕はバーチャル・リアリティという話が好きだけど、再放送で見たのかな?

世にも奇妙な物語

1989年10月、深夜で「奇妙な出来事」という30分のオムニバスドラマが始まりました。

「世にも奇妙な物語」の前身ともいえるドラマですね。

深夜枠なので予算も少なく若手の脚本化などを起用していましたが、それが若者にヒット。

1990年4月から「世にも奇妙な物語」としてゴールデンタイムに進出することになりました、

これはもともと放送予定だったドラマがなくなってしまったため、急遽決まったそうです。

 

ゴールデンになり、こういう番組のストーリーテラーというのはインテリな感じがあるということで

ダメ元でタモリさんにオファーをだしました。

するとたまたまマネージャーが「奇妙な出来事」の大ファンだったらしく

その流れで引き受けてもらうことができたそうです。

タモリさんも「ヒッチコック劇場」が好きだったそうで「まだわからないけど、おもしろそうじゃない」

という感じで楽しんで参加しています。

 

あと、「世にも奇妙な物語」といえばあのテーマソング。

タララララン、タラララランという感じの曲。

曲名は「ガラモン・ソング」というそうで作曲者は蓜島邦明さん、「見終わった後に、

頭の中に残る感じがほしい」というオファーを出したとか。

たしかに強い印象に残る曲ですよね。

 

レギュラー放送は第3シリーズが1992年9月で終了し、それからは単発の特番

として放送されています。

斉木しげる

このお話の重要な位置を占めるストーリーテラーにタモリさんがなったのは

「世にも奇妙な物語」になってから。

「奇妙な出来事」のときのストーリーテラーは別の人でした。

その人は斉木しげるさん。

大竹まことさん、きたろうさんとシティボーイズを組んでいることでも有名です。

ストーリーテラーの役柄は斉木しげるさんからタモリさんへバトンタッチされたのですね。

FODプレミアム

映画化

世にも奇妙な物語 映画の特別編

2000年に10周年記念として映画化されています。

予算や描写のためテレビでの政策が不可能であった話を中心に作成されているそうです。

興行収入的には成功とは言えませんでしたが、海外の映画祭で賞を取るなど海外のファンを

増やすことに一役を買いました。

 

トレンディドラマ俳優が30年ぶりに大集合、どういうドラマでどんな俳優?
トレンディドラマ。 バブル期のドラマの印象があります。 一番に思うのはなんかオシャレって感じですね(笑) 4月10日放送の「梅沢富美男のズバッと聞きます!」ではトレンディドラマで活躍していた 人たちが集まるそ...
ちょっと一言

これからも「世にも奇妙な物語」の歴史は続いていくんだろうね

まずは今回を楽しまないと

コメント