【ウワサのお客さま】アイスクリーム博士シズリーナ荒井の名付け親は玉袋筋太郎?女子会の言葉を作った?

TV番組

8月26日放送の「ウワサのお客さま」には

日本一のアイスクリーム博士」が

登場します。

 

世に出ているアイスは全て制覇しているとウワサされる日本一の

アイスクリーム博士。

 

その人が激安スーパーチェーン・オーケーで

アイスを爆買いするのだとか。

クーラーバッグを3つ持参したアイスクリーム博士は

アイスレシピやおいしく食べる適温などm紹介するのだ

そうです。

 

その日本一のアイスクリーム博士とはシズリーナ荒井さん。

その名前の名付け親は芸人の玉袋筋太郎さんらしいですよ。

 

さらに今は普通に使われている女子会という言葉も

広めた人なのだそうです。

どういう事なのでしょう?

少し調べてみました。

 

アイスいいよね!

今の時期にピッタリ!

シズリーナ荒井

シズリーナ荒井さんは1984年生まれで

東京都出身。

 

現在はアイス評論家、そしてイートデザイナーとして

活躍しています。

 

初めてアイスを食べたのは1歳1か月。

現在までに食べたアイイスの数は5万5千個。

年間4千種類のアイスを食べているそうです

 

大学時代からアイスを研究していて

アイスを食材としても考え、500種類以上もの

アイスアレンジレシピを考案。

「魔法のアイスレシピ」という本も出版しています。

名付け親は玉袋筋太郎

シズリーナ荒井という名前は芸人の玉袋筋太郎さんが

名付け親なのだそうです。

 

シズリーナさんが初めてメディアにでたのは

2017年。

TBSラジオ「ジェーン・スー生活は踊る」でゲストとして

市販アイスをよりおいしくさせる方法を語ったそうです。

 

元々は本名で活動していましたが

2020年に玉袋さんがパーソナリティの

「金曜たまむすび」に出演。

 

そこで「アイスの話を聞いてると、アイス食べたくなるよね。

しずる感あるよね」という話になり

しずるは芸人にいるのでシズリーナでいいんじゃない?

ということで今の名前になったそうです。

女子会という言葉を作る

シズリーナさんは大学卒業後、大手芸能プロダクションに

入社しプロデュースというスキルを学んだそうです。

 

退職後にはWEBメディアの担当者と外食チェーンストアの担当者と

シズリーナさんの3人で女子会という言葉を創作

戦略的に広めていったのだとか。

 

今では当たり前のように使われている女子会という言葉を

つくっていたとは驚きです。

 

今回はどのようなアイスの食べ方が紹介されるのでしょう?

楽しみですね。

 

【所JAPAN】アイスクリーム消費日本一金沢の秘密と溶けないアイスとは?
夏と言えばアイスクリームがかかせませんね。 真夏の暑い中、ひんやりと甘いアイスクリームは最高です。 そのアイスクリームですが、年間の消費量第一位は石川県の金沢市だそうですよ。 8月12日の「新説!所JAPAN」で特...
ちょっと一言

番組を見たらアイスが食べたくなるだろうなあ

食べすぎに注意!

コメント