篠原涼子を歌手から女優へ転身させた挫折とは?ダウンタウンとの関係は?

TV番組

 

4月15日放送の「1周回って知らない話 春の2時間SP」では女優の篠原涼子さんが出演されます。

 

現在は大女優になった篠原さん。

もともとはアイドルでバラエティ番組などにも出演していて

それからミリオン歌手となり、大女優へと輝かしい経歴の持ち主なんです。

どうして歌手から女優へ転身されたのでしょう?

そこには挫折というものがあったのだとか。

 

アイドル時代には伝説のバラエティ番組「ダウンタウンのごっつええ感じ

にも出演していましたね。

当時のコントは過激で今だとセクハラ、パワハラ、暴力などの関係で放送が難しいものも多いでしょう。

数年前に篠原さんとダウンタウンのお二人は再共演していますね。

そのときはどうだったのでしょう?

すこし調べてみました。

 

コントを黒歴史にしていないのが好感が持てるね

女優として売れるとバラエティ出演を黒歴史にしたりするもんね

篠原涼子

 

生年月日 1973年8月13日

出身地 群馬県桐生市

身長 162cm

デビュー年 1989年

所属事務所 ジャパン・ミュージックエンターテインメント

 

篠原さんは1989年にオーディションに合格し、今の事務所に所属することになりました。

 

1990年にアイドルグループ「東京パフォーマンスドール」のメンバーでデビュー。

1991年の17歳の時にバラエティ番組「ダウンタウンのごっつええ感じ」に出演するようになり

1994年には小室哲哉さんプロデュースで「恋しさと せつなさと 心強さと」を発表。

女性ソロ歌手として初めてダブルミリオン(200万枚)の売り上げを上げるヒットとなりました。

 

同年に東京パフォーマンスドールを卒業しドラマにも出演していくようになります。

2000年代に入ると「anego」や「アンフェア」、「ハケンの品格」などヒットドラマの主演を飾ることも多くなり

大人気女優になっていきました。

 

2005年には25歳年上の俳優の市村正親さんと結婚。

現在は二人のお子さんがいます。

歌手時代の挫折とは?

篠原涼子さんの1994年の4枚目のシングル「恋しさと せつなさと 心強さと」は

大ヒットとなり、紅白歌合戦にも出演。

その後も「もっと もっと…」や「Lady Generation」と小室哲哉さんプロデュースにより

ヒットを飛ばしました。

 

しかし、小室さんのプロデュースから離れると曲も売れなくなっていったんですね。

そのとき篠原さんは「私じゃなく小室さんで売れてたんだ」と思ったそうです。

 

曲が売れなくなっていった時期にたまたまお芝居の話が来て、もう少し芸能界で頑張ろうと思い女優業へ

進んでいくことになりました。

 

ハイスピードプラン

ダウンタウン

篠原さんは伝説のバラエティ番組「ダウンタウンのごっつええ感じ」の

レギュラーでしたが、当時は過酷だったそうです。

 

たしかにはたかれたり、投げられたり、鼻フックしたり、キスされたり、引きずり回されたり

今だとまず放送できないものが多いでしょう。

でも、篠原さんは黒歴史にしていなくて、テレビで当時を話したりもしているんですよね。

楽しい思い出」と語っています。

 

ダウンタウンの2人とも2012年の「HEY!HEY!HEY! MUSIC CHAMP」の最終回で

再開。

放送中にも昔を思い出ししんみりとしていたのか泣いていましたね。

 

浜田さんには「ドラマ見てるよ」、松本さんには「道で見かけたよ」など声をかけられたそうです。

みんな若かった20年以上前のことなので、思い出になっているのでしょうね。

 

【A-Studio】女優の柴咲コウは料理上手?会社の社長も!
10月25日放送の「A-Studio」に女優の柴咲コウさんが出演されるそうです。 柴咲さんと言えば、つい先日ライフスタイルブックと写真集を発売していました。 何でも料理が上手なようで、あるものを手作りで作ることにはまって...
ちょっと一言

ごっつええ感じ当時はおバカキャラだったよね

漢字も苦手だったような、まだ10代だったしね

コメント