元柔道メダリストの篠原信一は長野県安曇野に移住、脅かす存在とは?

TV番組

元柔道メダリストの篠原信一さん。

バラエティ番組でもちょくちょく見かけますね。

なんでも中居正広さんがオリンピックキャスターをしているときに仲良くなり

それからスポーツ関係の番組に呼ばれるようになり、バラエティ番組にも呼ばれるようになったそうです。

二人は同学年なんですね。

 

その篠原信一さんですが、現在は長野県の山奥で移住生活を始めているとか。

6月28日放送の「爆報!THEフライデー」で取り上げられるようです。

しかし、そこには夢の移住生活を脅かすとんでもない存在がいたそうです。

何がいたのでしょうね?

篠原信一さんの移住先とともに少し調べてみました。

篠原信一さんって福岡でたまに街ブラ番組に出ているときあるね

そうそう、前園真聖さんとのコンビでね

篠原信一

 

この投稿をInstagramで見る

 

おはよう☀ 今日も暑くなりそう💦 水分補給を忘れずに🚰 #天気 #朝散歩 #小鉄とニコの大冒険

篠原 信一さん(@s.shinohara_life)がシェアした投稿 –

 

生年月日 1973年1月23日

出身地 青森県東津軽郡平内町

身長 187cm

所属事務所 コネクト

篠原信一さんは中学入学と同時に柔道部に入部し柔道を始めます。

中学校に入学した時には身長が178cmあったそうです。

公王政の時に柔道の基礎を固め、天理大学に進学、そして才能が開花したのです。

3年の時には全日本学生選手権で優勝を飾り、4年になると講道館杯、正力杯、全日本学生選手権

フランス国際など様々な大会で優勝するようになりました。

 

1995年に大学を卒業した後は旭化成の所属となります。

1996年のアトランタオリンピックへの出場は逃しましたが

世界柔道選手権の優勝などで実績を積み重ね、全日本選手権でも3連覇を飾り

2000年のシドニーオリンピック代表に選出されます。

シドニーオリンピックでは決勝の誤審問題により、惜しくも銀メダルとなりました。

 

2001年には旭化成を退社し、母校の天理大学体育学部専任講師兼柔道部監督に就任。

2003年に現役を引退しました。

2008年に柔道男子日本代表監督に就任しますが、2012年のロンドンオリンピックでは日本男子史上初

の金メダル0という責任を取り辞任。

2013年には天理大学を退職し、産業廃棄物処理の会社を立ち上げ奥さんが代表取締役となり

自身は専務となります。

それとともに柔道の解説者やタレントとしても活躍中です。

長野県へ移住

篠原信一さんは長野県の山奥へ移住したそうですがどこでしょうか?

それは長野県曇野市です。

自然豊かで田んぼアートが行なわれたり、ワサビ畑などが有名ですね。

 

篠原さんは家庭菜園で野菜作りなどをしているうちに土いじりが好きになって、将来は

畑仕事をもっとやりたいと思ったそうです。

安曇野なら土地も確保でき、東京で仕事があるときもそれほど遠くない、大好きな釣り

を楽しめるきれいな川もある。

ワンちゃんたちも自然の中で遊べ、子供たちも自然の中での暮らしを喜んでいるということで

この場所に決めたそうです。

現在は主に週末を曇野市で過ごし、将来の移住に向けて準備中みたいですね。

LIFULL引越し 見積もり

移住を脅かすとんでもない存在

篠原信一さんの移住先には移住を脅かすとんでもない存在がいるそうですが。

何なのでしょう?

山の中ということでイノシシなどが思い浮かびますが。

どうやら曇野市には野生のサルが出没するそうですね。

野生のサルに農作物を食べられたり、興奮したら襲ってくるかもしれませんし。

なので、とんでもない存在とは野生のサルのことかもしれません。

 

60年前に廃線となった草津温泉と軽井沢を結んだ草軽電気鉄道とは?
とても長かったゴールデンウィークも終わりに差し掛かりました。 この休みを利用して旅行に出かけた人も多いのでは? 電車でのんびりと旅行するのもいいですよね。 ただ、現在では地方の人口減少や資金不足によって廃線となるところも出...

 

ちょっと一言

移住ブームだけど現実は大変だろうね

順調にはいかないかも

コメント