【激レアさん】神戸出身なのに島根県の運命を託された高校生バンドウさんとは?

TV番組

 

島根県

中国地方にある県ですね。

世界遺産に登録された石見銀山や出雲大社などが有名ですね。

 

12月14日放送の「激レアさんを連れてきた。」では神戸生まれ神戸育ちなのに

島根が好きと言っていたら島根県庁に囲われ島根の運命を託されることになった高校生

のバンドウさんが登場します。

 

どういうことなのでしょう?

島根好きのアピールが高じて島根県のなにかに任命されたのでしょうか?

地方ではアピールをしてくれる人が大切ですからね。

どういうことなのか少し調べてみました。

 

島根県が好きになったきっかけとかあるのかな?

なにがあったんだろうね?

島根県

島根県の人口は約67万人で、県庁所在地は松江市です。

全国の都道府県の中では鳥取県に次ぎ人口が少ないらしいので、ほかの県の人に

アピールすることも大事ですね。

 

島根県には「遣島使」という制度があります。

歴史に出てくる遣唐使じゃなくて遣島使。

島根県を愛する人に島根県と全国の「人と文化の懸け橋」になってもらうという制度なのですね。

島根県出身の人やゆかりのある人、島根県を愛する人に島根県知事が委嘱しているそうです。

坂東優毅

バンドウさんこと坂東優毅さんは15歳の高校一年生です。

神戸生まれで神戸育ち、それなのい島根県のことが大好きになっていったのです。

 

島根県との出会いは小学校2年生の時の家族旅行

早朝に石見銀山を訪れると入場時間前でした。

すると近くのおばさんに声を掛けられ、ご飯をごちそうしてもらえたのです。

そこで優しさをわけてもらい、観光中の島根の神戸の街とは違うのどかな風景にも

新鮮な衝撃を受けたのですね。

 

小学校4年生の時には担任の先生が島根県出身で写真を見せてもらったり

島根県の魅力を話したりとますます島根県にひかれていきました。

 

中学生になると趣味の鉄道旅行で一人で島根県を訪れるようになり

国語の教科書の「隠岐の島町(鳥取県)」という間違え(本当は(島根県))を

出版社に報告したり、中学3年の時には図書委員として島根の豆知識を図書室の掲示板に

毎月書いたりし、友人からも「島根」とあだ名をつけられるほどの島根好きになっていました。

遣島使に

中学3年生の冬に島根県の職員と接点ができます。

 

中学校のプレゼン大会で島根をPRしようと考え、島根の観光協会に電話取材をしたり

写真を貰ったりして見どころを資料にまとめます

 

さらに「島根県が大好きになりました。島根をPRしようと資料を制作しました

ご覧いただけたら幸いです」と県の広報部に助言を求めるメールを送ったのですね。

メールで何度かやり取りしているうちに県広報部は坂東さんの島根愛を知り

3月に遣島使の委嘱を決めました

 

坂東さんは高校生となった今も毎日島根のニュースをチェックし

文化祭で島根県をPRする動画を作り高校で流したりと島根愛は健在です。

 

11月には島根のローカル線「ばたでん」を応援したいと、ノートリレーイベントを

企画しました。

 

T-BOLAN森友嵐士は山梨県在住。ほかに地方に家を移した芸能人は?
地方活性化が叫ばれているこの頃ですが、なかなか進んでいません。 ただ、芸能人の方は住居を地方に移しそこで活動したり仕事の時だけ東京へ行く というスタイルの人も増えてきました。 3月8日放送の「爆報!THEフライデー...
ちょっと一言

島根愛がすごいんだね

同じ高校の人は島根に詳しくなるだろうね(笑)

コメント