【サッカー】鹿島DF昌子源がトゥールーズへ移籍、ほかに日本人選手は?

スポーツ

もう年末ですね。

こんな時期でも、サッカー選手の移籍情報は流れてきます。

日本代表である鹿島アントラーズDF昌子源選手がフランスのトゥールーズへ移籍が決定したそうです。

昌子選手は時々、海外移籍のうわさが流れていましたが、今回は本当に決まったようですね。

まだメディカルチェックがすんでないので、100パーセントとはいえませんが。

 

昌子選手にはロシアワールドカップ後に日本人史上最高額ともいえるオファーが来ていたのですが

ACL(アジアチャンピオンズリーグ)のタイトルを取るために鹿島に残りました。

念願のタイトルも取れ、移籍が決まったのですね。

 

そこでトゥールーズのこと、フランスでの日本人選手のことなど少し調べてみました。

DFの選手もこの頃よく移籍しているね

前は少なかったのにね

 

昌子源

生年月日 1992年12月11日

出身地 兵庫県神戸市

身長 182cm

クラブ 鹿島アントラーズ→トゥルーズ

プレーするポジションは主にセンターバックです。

昔からカバーリングには定評がありましたが、一対一も強いですね。

 

昌子選手はガンバ大阪ジュニアユースに入っていましたが途中で退団し、米子北高校へ進みます。

そこでFWからDFへコンバートされ、世代別代表の候補になるまでに成長しました。

 

2011年には鹿島アントラーズへ入団。

2012年には初出場を果たし、2014年には全試合出場とJリーグ優秀選手賞を獲得というJリーグを代表する

センターバックになっていきます。

日本代表に初選出されたのもそのころですね、2014年10月1日。

初出場したのは2015年3月31日のウズベキスタン戦まで待たないといけませんが。

 

2018年のロシアワールドカップでもレギュラーでした、しかも国内組でレギュラーは昌子選手だけ

それだけ評価されていたのですね。

 

フランスのトゥールーズFCへの移籍が決まりましたが、そこには仲間からの後押し特に2018年をもって引退する

小笠原選手からの言葉「お前が活躍して勝ち取ったオファーだろ! 誰になんて言われようと、行きたいなら迷

わず行け!!」が大きかったみたいです。

トゥールーズFC

フランストゥールーズを拠点とするクラブです。

サッカーも盛んな地域ですが、それよりラグビーのほうが強豪として有名みたいですね。

設立は1970年、スタジアムはスタジアム・ミュニシパル・ドゥ・トゥールーズで収容人数は35472人。

日本代表が初めてワールドカップを戦ったスタジアムで何かと縁があります。

監督はフランス人のアラン・カサノヴァ監督です。

トゥールーズは近年、成績が低迷しているので(前シーズンは18位)昌子選手に期待がかかります。

 

フランスの日本人選手

フランスには数人の日本人選手が活動しています。

酒井宏樹

フランスの名門マルセイユに所属しています。

日本代表の不動の右サイドバックでもありますね。

マルセイユではレギュラーでCBをすることもあるそうです。

 

川島永嗣

無所属でしたが、2018年8月30日にRCストラスブールへ加入しました。

ロシアワールドカップでは日本代表のGKとして出場しています。

ストラスブールではまだ出場機会には恵まれていないようです。

澤井直人

フランス2部のACアジャクシオに所属。

J2の東京ヴェルディから2018年8月にレンタルで移籍しました。

先日初ゴールを決め、これからの活躍に期待です。

 

ちょっと一言

フランスにいた日本人選手というと松井大輔選手が思い浮かぶな~

僕は中田浩二選手だね

昌子選手にも期待だね!

 

 

コメント