【ノブナカなんなん?】青森県の超節約家族うちみる(田村余一・ゆに)とは?

TV番組

山奥での生活。

電気代もガス代も水道代もゼロで自然の中での

生活。

憧れはありますが、大変なんでしょうね。

 

11月3日の「ノブナカなんなん?」では

節約しすぎる女ってなんなん?」が

放送されます。

 

今回は青森の山奥で発見した「超節約家族」に

密着するのだとか。

この家族はガス代・水道代・電気代がゼロ円という

謎のゼロ円生活を送っているそうです。

 

今回登場する女性は田村ゆにさんのようですね。

旦那さんとお子さんと「うちみる」という

持続可能&自給自足的生活プロジェクトを

行っているそうです。

 

どのようなことなのか少し調べてみました。

 

自然の中の生活は憧れるね

大変そうだなあ

南部町

田村さん一家が暮らしている場所は

青森県三戸郡南部町

人口約1万7000人。

2両編成のローカル線が走るのどかな町です。

 

山や川、美しい田園風景が広がり果樹や野菜栽培が

盛んな自然いっぱいの町のようですね。

 

【ニッポン行きたい人応援団】青森の津軽弁を愛するオランダ高校生のハムザの旅とは?
12月6日の「月曜プレミア8 世界!ニッポン行きたい人応援団」では「ご招待で人生変わっちゃった!」が放送されます。そこで登場する人はオランダ人高校生のハムザさん。なんと津軽弁を愛しているそうです。津軽弁とは青森で話されている言葉。ハムザさん

うちみる

2009年から南部町で田村余一さんが小屋を廃材で作り

畑の開墾も始めました。

2014年にはお祖父さんから譲り受けたこの土地に

家を建て、2016年に伴侶となるゆにさんと

出会います。

 

自分の手で作ったもので生活したいと

電気・ガス・水道と契約せずに

ほぼ自給自足の生活をしているようです。

 

電気は太陽光パネルの発電で冷蔵庫などに使い

飲み水は山奥の湧水を汲みに行っています。

火は薪を使い、通信回線のみ契約。

コンポストを活用した家庭菜園で

野菜は自給自足。

 

自給自足型、低収入、低支出、低負荷という

生活を送っているそうです。

ワークショップも

田村さんは月6日ほど便利屋などの仕事をして

他はいろいろと過ごしているそうです。

農作業もあるでしょうし。

広めの新居も制作中なのだとか。

 

他には自給自足講座やワークショップなども

開いていて

環境負荷0の子ども竹ストローを製作

販売も行っているそうです。

 

【ナゼそこ?】雲の上、超山奥に暮らす仙人中村修の家電なし生活とは?
7月1日の「ナゼそこ?」では 「雲の上に暮らす仙人…超山奥の秘境生活に密着」が 放送されます。 超山奥での秘境生活。 人里離れた場所なのでしょうか? この人は徳島県上勝町に住む中村修さんではないでしょう...
ちょっと一言

教わりに来る人多いんだろうね

流行りでもあるしね

コメント