【マツコ】インド映画ボリウッドで初の日本人ダンサーとなった関本恵子とは?

TV番組

8月25日放送の「マツコの知らない世界」では「ボリウッドの世界」が

紹介されます。

 

ボリウッドとはインドのムンバイの映画産業のこと。

インドは映画に力を入れていて、豪華だったりするそうです。

 

そこで今回紹介してくれるのが関本恵子(せきもとあやこ)さん。

ボリウッドに出演しているダンサーで日本人初のボリウッドダンサーなのだそうです。

どのような人なのでしょうね?

 

インド映画といえば「ムトゥ踊るマハラジャ」が思い浮かぶ人も多いのではないでしょうか?

この映画は日本でも大ヒットしました。

そこでボリウッドや関本恵子さんについて少し調べてみました。

 

インド映画というとダンスシーンが思い浮かぶね

アクションシーンも

ボリウッド

 

ボリウッドとはインド最大の都市ともいわれるムンバイでの映画産業を指す言葉です。

ムンバイの旧称「ボンベイ」のボとハリウッドを組み合わせてボリウッドとなったのですね。

 

インドは世界的な映画大国で年間1000本以上の映画が作られていて

アジア圏やヨーロッパやアメリカなどに在住のインド人社会でも人気があるそうです。

日本ではそこまで見かけないのであまり実感がないのかもしれませんね。

 

スターの給料もハリウッドに負けていません。

ボリウッドのキングと呼ばれるシャー・ルク・カーンさんは2016年6月から

2017年6月までの一年間で43億円ものお金を稼いだのだとか。

 

ボリウッドは輝かしい世界なのです。

関本恵子

関本恵子さんは日本人初のボリウッドダンサーとのこと。

 

青森県弘前市出身の関本さんは2005年、ネットショップで買ったボリウッドのCDにはまり

翌年、10代後半の時短期留学でバンクーバーに行き

そこでボリウッド映画と出会います。

その時観た映画「Fanaa」のダンスシーンに魅了され、ボリウッドダンサーの夢を抱くようになりました。

 

22歳になるとインドにわたり、3か月間各地を回った後、ラジャスタンのダンス学校に

一年間通います。

ダンス学校が終わると日本に帰国することになりますが、飛行機が遅延し偶然インド人歌手と知り合いに。

その人からムンバイの演技学校を紹介され

2012年映画「火の道」でボリウッドダンサーデビューを飾ったのです。

 

関本さんはボリウッド映画に20本以上出演。

2016年にはボリウッドダンスグループ、「チャクリカ」を立ち上げました。

 

ハイスピードプラン

ムトゥ踊るマハラジャ

ムトゥ 踊るマハラジャ」は1998年に日本で公開されたボリウッド映画です。

この映画で始めてボリウッド映画を見たという人も多いのではないでしょうか?

 

始めは単館上映でしたが最終的には全国100か所以上で上映され

動員約25万人、総興収4億円という結果を残し

インドへの観光客増や南インド料理店が増え、多くのタイアップを産むなど

日本にインドブームを巻き起こしました。

 

ハリウッド映画とはまた別のパワーがあるんですよね。

 

【激レアさん】元力士でパソコンを駆使しインド映画に出演までしたタシロさんとは?
3月14日放送の「激レアさんを連れてきた。」では 「お相撲さんなのに趣味のパソコンを駆使していたら、 行く先々で“IT革命”を起こし、第二の人生で大ブレイクしてる人」が放送されます。 現在はインド映画にも出...
ちょっと一言

迫力があるんだよね

番組が楽しみ!

コメント