【ニッポン行きたい人応援団】親友元ヤクルト投手岡林洋一に会いたいパラグアイ日系2世関富美男の旅とは?

TV番組

8月22日の「月曜プレミア8 世界!ニッポン行きたい人応援団」では

35年の絆をつなぐ友情物語」が

放送されます。

 

南米パラグアイの町イグアスに住む日系2世の関富美男さん。

パラグアイではサッカーが盛んですが、日系移民の間では野球も盛んで

11歳から野球を始めました。

その時にバッテリーを組んでいたのが

1990年ドラフト1位でヤクルトスワローズに入団した岡林洋一投手です。

 

岡林投手、そして20年以上会っていないという兄と姉に会うために

約5年ほど前にニッポンに来たそうです。

どのような旅だったのでしょう?

少し調べてみました。

 

パラグアイで野球も人気なんだね

あまりイメージがなかったなあ

関富美男

パラグアイへの日本人移住は80年以上に始まり

現在は一万人以上が暮らしているそうです。

 

日本人移住者が開拓した町イグアス。

800人以上の日系人が暮らしています。

日系二世の関富美男さんはイグアス少年野球チームに入団し

パラグアイ全国大会で3連覇を達成。

関さんはキャッチャーでピッチャーは

1990年にドラフト1位でヤクルトスワローズに入団した

岡林洋一投手だったのですね。

岡林選手は14歳までパラグアイで過ごしました。

 

関さんは少年野球時代のチームメイトだった岡林選手

そして、20年以上会っていないニッポン在住の姉と兄に

会いたいということでニッポンにご招待!

兄弟と再会

関富美男さんは妻のゆかりさんとともに初来日。

 

2人は富士山を見るために山中湖に向かいますが

天気が悪く見ることができず、静岡県富士宮市に移動することで

見ることができました。

 

それから温泉旅館に泊まり

建築会社に勤めている兄の善巳さんと24年ぶりに再会

距離があるため、なかなかパラグアイに帰ることが

できなかったみたいですね。

 

翌日、善巳さんに連れられ群馬県大泉町に。

ここは外国人が多く住んでいて

姉の真知子さんと19年ぶりに再会

パラグアイのバーベキューを楽しみました。

岡林洋一

関さん夫婦が次に向かった場所は高知県。

桂浜に行き、初めて海を体験。

パラグアイの少年野球のチームメイト岡林選手は高知県で

暮らしています。

 

高知県に住みながらヤクルトのスカウトなどを行っている岡林さんと

関さんは34年ぶりに再会。

観光名所を案内してもらい、カツオのたたきなども味わい

最後に高知市総合運動場野球場でキャッチボールを行い

ました。

 

それから8カ月。

今度は岡林さんが関さんの住むパラグアイに向かいます。

岡林さんがパラグアイに帰るのは35年ぶりです。

 

母校のイグアス日本語学校を見学後

関さんの家に向かい、昔住んでいた実家にも。

少年野球時代のチームメイトも集まり

パラグアイの飲み物テレレを回し飲みしました。

 

翌日は後輩たちを熱血指導。

夜には岡林さんのもとに100人ほど集まり

歓迎パーティーが行われています。

 

少年時代の絆。

遠く国は離れていてもつながっているのですね。

 

【行列】明石家さんまと25年ぶりに再会した世界的歌姫とは誰?
11月3日には「行列のできる法律相談所 3HSP」が放送されます。 今回のMCは明石家さんまさんが勤めて、世界的な歌姫の人も登場するそうですよ。 世界的な歌姫というと外国の人のようですね。 明石家さんまさんとも25...
ちょっと一言

地元ではスターなんだろうな

プロ契約した時は大騒ぎだったろうね

コメント