さらば青春の光が松竹芸能から独立した理由は?モルックの日本代表?

TV番組

10月30日放送の「ダウンタウンなう」にはお笑いコンビ「さらば青春の光」が

登場します。

番組ではさらば青春の光がブレイクできない切実な理由を話すのだとか。

よくテレビで見かけるようになりましたが、どんな理由があるのでしょうね?

 

さらば青春の光は2013年まで芸能事務所松竹芸能に所属していましたが

独立し、現在は自分たちの事務所です。

解雇されたとの話もありますが、実際はどうなのでしょう?

 

コンビのうちの一人、森田さんはモルックの日本代表です。

モルックというのはフィンランドのスポーツ。

あまり日本ではメジャーではないような気がしますが、どういうきっかけだったのでしょう?

少し調べてみました。

 

モルックって投げるやつだよね

ジャンクSPORTSで見たような

さらば青春の光

 

さらば青春の光森田哲矢さんと東ブクロさんのコンビです。

 

二人は松竹芸能のタレント養成所で出会い、別々のコンビを組んでいましたが

解散したことにより2008年に「さらば青春の光」を結成しました。

 

2011年にはABCお笑い新人グランプリで優秀新人賞を受賞

2012年ではキングオブコントで準優勝

優勝こそないものの各お笑いコンテストで好成績を残していきました。

 

2013年には松竹芸能からフリーとなり、仕事はなくなっていきましたが

地道にライブなど活動を続け、2017年あたりからテレビの出演も増えてきています。

フリーになった理由

フリーになった理由は実は松竹芸能から契約解除されたからなのです。

 

さらば青春の光は「M-1グランプリ」で準決勝に進出したり

「キングオブコント」で準優勝したりと結果を残し、調子に乗っていたそうです。

事務所の悪口をライブなどで言うようになり、Twitterに給与明細をアップして抗議しよう

としたりするなど問題行動を起こし、現場のマネージャーにだけ辞めると伝え

2013年1月に松竹から「芸能活動を支えることができない」と契約解除となりました。

 

当時は現場のマネージャーに辞めることを伝えただけで上層部と

話し合いを行っていなかったので円満退社ではなく

他の事務所から拾ってもらえず、自分たちで事務所を開くことになったそうです。

 

ハイスピードプラン

モルック日本代表

モルックはフィンランド生まれのスポーツ。

日本モルック協会は「ボウリングとカーリングとビリヤードが交ざったようなもの」と言っています。

日本での競技人口は約5000人。

 

さらば青春の光の森田さんがモルックを始めたきっかけは自分が無趣味なことを

サンドウィッチマンに相談したことから。

サンドウィッチマンの富澤さんが自身の番組でモルックを経験し、面白かったのですすめられたそうです。

 

そこで日本モルック協会の人にメールを送ると練習会の日程が書いてあったので参加。

練習会で初めてモルックをさわり、一時間後の東京カップに参加して4位となり

日本代表になりました

芸人たちで「キングオブモルック」というチームを組みフランスの世界大会に参加

2次予選敗退となりました。

 

2020年1月には森田さんは一般向けのモルック大会を開催。

テレビでもモルックのことを話したりして、普及にもつながっています。

 

俳優の山本裕典は過去に女性関係で事務所を解雇、当時の心境とは?
山本裕典さんといえば、俳優でさまざまなドラマに出演している若手の一人でした。 バラエティ番組などにも出演して、将来有望だった矢先、事務所を解雇されてしまいます。 この解雇発表が膣全で、世間の話題ともなりました。 「...
ちょっと一言

おもしろそうだよね

レクリエーションとかでも楽しめそう

コメント