【行列】明石家さんまと25年ぶりに再会した世界的歌姫とは誰?

TV番組

11月3日には「行列のできる法律相談所 3HSP」が放送されます。

今回のMCは明石家さんまさんが勤めて、世界的な歌姫の人も登場するそうですよ。

 

世界的な歌姫というと外国の人のようですね。

明石家さんまさんとも25年ぶりの再会だとか。

25年前というと1994年になります。

 

その世界的歌姫は誰かというと、アメリカ合衆国の歌手の「シンディ・ローパー」さんです。

シンディ・ローパーさんというと大の親日家でも有名で明るくパワフルな歌声は世界中で大人気。

 

シンディ・ローパーさんと明石家さんまさんは25年前にどんな番組で共演したのでしょ?

そして親日家になったわけとは?

少し調べてみました。

 

シンディ・ローパーが出演するんだ

震災の時も協力してくれたんだよね

シンディ・ローパー

1953年、アメリカニューヨークのブルックリン生まれのシンディローパーさんは

世界的に有名な歌手です。

 

1983年のソロデビューアルバム「She’s So Unusual」は全世界で800万枚以上の売り上げで

Girls Just Want to Have Fun」や「Time After Time」と言った収録曲は有名ですね。

映画グーニーズの主題歌「The Goonies ‘R’ Good Enough」も有名ですし

マイケルジャクソンなど著名なアーティストが参加している「We Are The World」にも参加して今う⒮。

 

アルゼンチンの空港でフライトが何度もキャンセルとなり、乗客が殺気立っているところに居合わせた

シンディ・ローパーさんが歌を歌い、乗客たちが歓喜するという映画のような出来事も起こっています。

それほどシンディ・ローパーさんには影響力があり、サービス精神が旺盛ということでしょう。

 

明石家さんまとの共演

明石家さんまさんとシンディさんは24年前に共演しています。

 

二人が共演したのは1994年の「新春特番!!オールスター爆笑ものまね紅白歌合戦!!

明石家さんまさんが白組の司会でシンディ・ローパーさんはものまねの

ご本人登場で登場したのです。

そこで登場後、Hey Now (Girls Just Want to Have Fun)を歌ったのですね。

 

dヒッツ

日本が好きになるきっかけ

シンディ・ローパーさんと言えば、大の親日家として有名です。

紅白歌合戦にも出場したことがありますし、東日本大震災の時も公演を中止し

帰国する海外アーティストが多い中、公演を最小限の電気で開きチャリティーも行ってくれました。

 

なぜそんなに親日家になったかというと、デビュー前の話からです。

定職もなかった下積み時代、鈴木サクエさんという人が経営するニューヨークのジャパニーズレストランで

ウエイトレスのアルバイトをしていたからなのです。

鈴木さんはシンディさんをアルバイトに誘い、「いつか売れるから頑張って」と激励をしていたのだとか。

この出会いが日本を好きになるきっかけなのですね。

 

シンディ・ローパーさんは今年、4年ぶりの来日公演を行っていました。

その合間に番組に参加したのでしょうね。

 

80年代~90年代にかけて活躍した歌手永井真理子が復活、何してた?
永井真理子さんといえば80年代後半から90年代にかけて活躍した歌手の一人です。 アニメの「YAWARA!」の主題歌も歌っていて話題を呼びましたね。 1991年には紅白歌合戦にも出場していますし、人気バラエティ番組の 「邦ち...
ちょっと一言

すごいパワフルな人だよね

今回はどんなトークになるのかな?

コメント