カイロ博物館地下の叫ぶミイラの正体はペンタウアー王子?なぜ叫んでいる?

TV番組

12月27日の「たけしの新・世界七不思議」では

“叫ぶミイラ”で解く!伝説ファラオ暗殺の真相SP」が

放送されます。

 

なんでもエジプトのカイロ博物館の地下収蔵庫に

エジプト史上で最もミステリアスな叫ぶミイラ

あるそうです。

普通、ミイラというと口を閉じているイメージ

ですがこの叫ぶミイラは違うのですね。

 

この叫ぶミイラは伝説のファラオ・ラムサス3世の

ミイラと同じ墓で発見され

息子であるペンタウアー王子だということが

判明しています。

 

この叫ぶミイラのミステリーには伝説のファラオの

死の真相が隠されているのだとか。

 

どういう事なのでしょう?

すこし調べてみました。

 

叫んでいるの?

そう見えるよね

叫ぶミイラ

1881年、エジプトのルクソールで古代エジプトの

王墓が発見されます。

 

そこには王族のミイラが安置されていましたが

変わったミイラも発見されました。

 

それは叫ぶミイラ

王族であるにもかかわらず正式な防腐処理が

されていなく

乾燥剤として使われていた鉱物である

ナトロンに漬けられ乾燥させられただけで

古代エジプトで不浄とされた粗末な羊皮に

包まれて発見されたのです。

 

現在はエジプトのカイロにある

エジプト考古学博物館の地下収蔵庫に

あるようですね。

ペンタウアー王子

この叫ぶミイラは「正体不明の男E」と

呼ばれていましたが

エジプト考古学省が発表したDNA検査により

ペンタウアー王子と判明しました。

 

ペンタウアー王子は伝説のファラオラムサス3世の

息子です。

このペンタウアー王子。

18歳で生涯を閉じています。

 

なぜ叫ぶような感じにでミイラに

なったのでしょう?

父殺し

実はあることをしたのですね。

それは自分の母親でラムサス3世の第二王妃である

ティイがペンタウアー王子を次のファラオにしようと

王家の関係者とラムサス3世の暗殺を計画。

そこにペンタウアー王子も加わっていたのですね。

 

そのためペンタウアー王子は「父親殺し」の

汚名を着ることとなり

暗殺に加わった容疑で処刑されます。

 

その処刑方法が絞殺刑で

じわじわと苦しみながら窒息させる方法で処刑し

そのままミイラになったのはと

いわれているのだとか。

 

【何だコレ!?ミステリー】ブルガリアには吸血鬼ヴァンパイアの骨が、ドラキュラとは違う?
6月2日放送の「世界の何だコレ!?ミステリーSP」では 「ブルガリア 考古学博物館に眠る「ヴァンパイアの骨!?」」が 放送されます。 ヴァンパイアといえば吸血鬼ですね。 伝説と思っていましたが、実在したのでし...
ちょっと一言

苦しみと恐怖の表情なのかな?

怖いね

コメント