伝説のスター佐良直美が芸能界から姿を消したわけとは?現在は共同生活?

TV番組

佐良直美さんは歌手であり、紅白の司会を務めたこともあるスターです。

紅白歌合戦には歌手としては13回司会としても5回出場しているのですから、本当にスターです

ね。

 

そんな佐良直美さんですが、2月1日放送の「爆報!THEフライデー」に出演されるようです。

なんとテレビ出演は32年ぶりとのこと。

その番組では現在の共同生活の様子や芸能界から姿を消した時の話をするようですが、どんな感じ

だったのでしょうか?

少し調べてみました。

 

紅白歌合戦の出場回数を見てもスターだね

現在より出場することのステータスも高かっただろうし

 

佐良直美

生年月日 1945年1月10日

出身地 東京都

デビュー年 1967年

 

幼いころからクラシック演奏家に師事した佐良さんは学生時代に水島早苗さんの弟子となります。

水島早苗さんは日本のジャズ界の草分けともいえる存在です。

 

日本大学芸術学部卒業後の1967年、放送ディレクターを志望していましたが歌手デビューするこ

とになりました。

デビュー曲「世界は二人のために」は120万枚の売り上げの大ヒット曲となり、レコード大賞の新

人賞を受賞するとともに、紅白歌合戦にも出場することとなります。

デビュー直後から大活躍だったのですね。

1969年には「いいじゃないの幸せならば」を発表。

この曲ではレコード大賞を受賞しています。

1971年には事務所から独立し、歌手だけではなく作曲やタレントなど幅広く活躍するようになり

ました。

 

しかし、1980年にタレントのキャッシーとのスキャンダルが報じられ、徐々に芸能活動から遠ざ

かることになり1987年に長期休業に入りました。

現在は実業家に転身しています。

 

芸能界から姿を消した理由

佐良さんほどのスターが姿を消したわけは何だったのでしょう?

 

まず1980年のスキャンダル。

これは女性タレントのキャッシーがテレビの「アフタヌーンショー」で佐良さんとのレズの関係

告白したのです。

今でもそういう告白をされると衝撃を受けますが、当時は今よりもっと衝撃を受けたのではないで

しょうか?

ただ、佐良さんは何がなんだかわけがわからなくてキャッシーにはめられたと語っていますね。

事務所を独立していて立場も強くなかったみたいですし。

でも、これが芸能界から身を引いた原因ではないそうです。

 

本人が語るには師匠の水島早苗さんが1978年に亡くなってしまい自分の歌い方がわからなくなっ

てしまったこと。

1986年に水島さんにささげたジャズのアルバムを出して燃え尽きてしまい、1987年に声帯ポリー

プの手術を受けしばらく歌を歌うことができなくしまったからだそうです。

 

共同生活とは?

佐良さんは1993年に家庭犬のしつけ教室「アニマルファンスィアーズクラブ」を栃木県那須塩原

市に設立しました。

アメリカより一流の講師を招き、実力ある若手のしつけインストラクターを輩出しているそうで

す。

現在はたくさんの犬や猫、豚やなどと生活しているみたいですね。

歌手時代も地方巡業などで捨て犬を拾って帰ることもあったようで、共同生活というのは動物との

共同生活ということでしょう。

 

【サン・クロレラ】商品購入プロモーション

 

ちょっと一言

たくさんの動物との共同生活って本当に好きじゃないとできないよね

世話も大変だろうしね

 

コメント