【(秘)衝撃ファイル】1981年の佐賀県水産会社社長保険金殺人事件、衝撃の替え玉殺人とは?

TV番組

8月22日放送の「世界が騒然!本当にあった(秘)衝撃ファイル」では

佐賀県で保険金狙いの殺人事件!?衝撃結末」が

放送されます。

 

1981年、佐賀県で海中から赤い車が引き上げられました。

その車の中からは水産会社社長の遺体が

発見されます。

 

この社長には4億円以上もの生命保険が掛けられていて

顔には鈍器で殴られたような傷があったことから

警察は保険金札院との疑いを持ち捜査を開始しました。

 

疑われたのは保険金の受取人だった妻と

社長の愛人でしたが、この事件は巧妙なトリックを用いた

衝撃的な結末が待っていたのでした。

 

どういう事件だったのでしょう?

すこし調べてみました。

 

巧妙なトリック?

違う人が犯人なの?

1981年、佐賀県

1981年1月22日、佐賀県の星賀湾で水没した赤い車が

発見されます。

その車を引き揚げると男性の水死体が発見され

奥さんの遺体確認により、顔は鈍器で殴られたような傷がありましたが

盲腸の跡から水産会社の社長の遺体

確認されました。

 

車の後部には追突されたような傷があり、スリップ痕も

残っていて、4億円以上もの保険金が掛けられていたため

警察は事故を偽装した保険金殺害で捜査を開始

 

水産会社社長は1975年に会社を設立しましたが

経営は傾き、2億円以上もの借金がありその借金から

暴力団とのトラブルも確認されていました。

 

捜査が進むと事故のあった車は社長の妻の弟が借りていて

盗まれたとの連絡がありましたが

保険金の受取人の妻や当時一緒にいた社長の愛人でもある

秘書にも疑惑がかかってきます。

事情聴取

警察が事情を聴くと、妻は事件当時秘書とドライブをしていて

秘書が気分が悪くなったため自宅に帰ったと供述。

秘書も同じ供述をしまいしたが、二人が口裏合わせをして

社長を殺害したのでは?と疑います。

 

当時、実は2人のほかに男がいました。

妻はその男は7年前に死亡した秘書の夫と答えます。

秘書は夫が死亡したことを伝えると手当がもらえなくなるので

黙っていたというのですが

その男の行き先はつかめませんでした。

 

すると衝撃の事実が発覚するのです。

社長も犯人

妻や社長の愛人の秘書が拘束され事情聴取を受けていると

男が列車へ飛び込み、自殺をしました。

その男はなんと死んだはずの水産会社社長だったのです。

 

この保険金殺人事件は社長が仕組んだトリックであり

駅のホームにあった遺書には事件の真相が書かれていました。

 

社長は事件の1月ほど前から借金苦により

自ら死んで保険金を残す計画を考えますが

そこから替え玉殺人へを思いつきます。

 

事件当日、愛人である秘書と共に競艇場へ向かい

自分と年齢や背格好が似た人物を探し

その男性を酒に酔わせ、ロープで首を絞め金属バットで殺害。

車ごと海に突き落としたのです。

 

この事件は日本初の保険金替え玉殺人事件として知られていて

妻は殺人幇助で懲役4年、愛人は共犯で懲役7年の実刑判決

が下されています。

 

 

ちょっと一言

替え玉にされた男性がかわいそうだね

競艇場で会ったばかりの人なんでしょ?

コメント