さだまさしは日本人ラッパー第1号?福岡の絶品うどんとは?

TV番組

初期の日本語ラップというと誰が思い浮かびます?

1984年の吉幾三さんの「俺ら東京さ行ぐだ」という話も聞きますが

シンガーソングライターのさだまさしさんも日本人の初期のラッパーの一人だというのです。

あまりラップのイメージはありませんが。。

 

5月11日放送の「人生最高レストラン」でその話をするということ。

あと、うどんも好きなようで福岡にも好きなうどんがあるそうです。

福岡と言えばラーメンのイメージが強いのですが、うどん店もたくさんあるのですよ。

そこでさださんのことやうどんのことなど調べてみました。

福岡はうどん発祥の地というのを聞いたことがあるなあ

え?そうなの?

さだまさし

生年月日 1952年4月10日

出身地 長崎県長崎市

身長 165cm

デビュー年 1973年

所属事務所 さだ企画

 

1973年にフォークデュオ「グレープ」としてデビューします。

グレープでは「精霊流し」や「無縁坂」などのヒット曲を生みますが、1976年に解散。

 

その後、ソロシンガーになり、ソロとしても「関白宣言」や「親父の一番長い日

北の国から~遥かなる大地より~」、「防人の詩」など数々のヒット曲を生み出しました。

 

さらに小説家としての顔も持っています。

いくつもの作品が映画化やドラマ化されていますね。

 

さださんと言えば話が面白いことでも有名です。

曲の印象とは正反対な感じがします。

なんでも「さだまさし トークベスト」とトークだけのCDも発売されているそうで

すごいですよね(笑)

その軽快なトークスキルは伝説のラジオ番組「さだまさしのセイ!ヤング」や

現在も放送中のテレビ番組「今夜も生でさだまさし」伝説の発揮されています。

日本人ラッパー第一号?

さださんは「ねこ背のたぬき」というラップ長の曲を発表しています。

この曲は1985年の「自分症候群」というアルバムの収録曲です。

「ねこ背のたぬきがよ」「ねこ背のたぬきがさ」「おこぜのサシミをね」とラップのような

感じなので本人も「日本で最初期にラップをやった1人」と言っているのですね。

 

この曲はテレビ番組「さだまさしとゆかいな仲間」の番組中に編曲が行なわれたそうです。

Youtubeにあったので見てみたら面白いし、プロの仕事と感心しますよ。

wowow

福岡のうどん

さださんのストレス発散はうどんを食べることだそうです。

そのなかに福岡のうどんも含まれいるみたいですね。

福岡県はどうしてもラーメンのイメージが強くなりますが、うどんも

ラーメンに負けない人気です。

チェーン店や店舗もたくさんありますし。

鎌倉時代に聖一国師が、中国・宋から博多へ製法を持ち帰ったのが日本のうどんの始まり

という石碑もあるくらいですから。

そのなかでさださんがファンだといわれているのが「かろのうろん

博多うどんの老舗で創業は明治15年という博多で一番歴史が古いお店です。

タモリさんや小松政夫さん、華丸大吉さんが福岡の話をするときに出てくることもありますね。

 

ここでさださんはごぼう天うろんを「ごぼう・ごぼう」とごぼう天2つのせで

注文するそうですよ。

福岡のうどんと言えば、ごぼう天うどんと言っても過言ではありませんからね!

 

元チェッカーズ藤井フミヤの息子はアナウンサー、現在は別荘に通う日々?
藤井フミヤさんといえばアーティストです。 チェッカーズとして一時代を築き、解散後のソロでも一時代を築きました。 音楽番組だけでなく、バラエティ番組にも出ていますね。 3月15日放送の「ダウンタウンなう」にも出演され...
ちょっと一言

さださんが人生の最後に食べたい長崎のアレとは何だろうね?

チャンポンが好きなようだけど、どうかな?

 

コメント