さだまさしの名曲「いのちの理由」とは?トークだけのCD?松本人志もファン

TV番組

 

5月24日放送の「行列のできる法律相談所」には歌手のさだまさしさんが登場します。

初登場なのだそうですよ、大物ですしね。

 

番組では隠れた名曲「いのちの理由」をスタジオ生歌唱するそうです。

さださんの曲といえば名曲ぞろい。

どのような曲なのでしょう?

 

さださんといえばコンサートでもトークが長いことで有名ですね。

そんなさださん、トークのCDも出しているそうです。

しかも曲よりも売れているのだとか。

どういうことなのでしょう?少し調べてみました。

 

話面白いもんね

NHKで深夜にラジオみたいな番組をしているよね

さだまさし

 

この投稿をInstagramで見る

 

松本人志さんと📸 お世話になりました🙇🏻‍♂️ . #松本人志 #ワイドなショー #さだまさし #sadamasashi

さだまさし(@sada_masashi)がシェアした投稿 –

 

さだまさしさんは1952年生まれの長崎県出身。

 

大学在学中の1972年に吉田政美さんとフォークデュオ「グレープ」を結成し

1974年の「精霊流し」が大ヒットします。

その後も「無縁坂」亜土の曲がヒットしますが、1976年に解散。

 

さださんは解散後ソロとなり、「雨宿り」「道化師のソネット」「関白宣言」「防人の詩

など数々のヒット曲を持つ人気シンガーとなりました。

コンサート回数も多く、ソロコンサート通算4000回以上行っています。

 

ダウンタウンの松本人志さんもさださんの大ファンで師匠と呼んでいます。

「道化師のソネット」に影響を受け「芸人の根本」と語っていますね。

2019年のワイドナショー年末スペシャルで松本さんとさださん共演をしましたが

松本さんは「緊張するため、あまりご一緒したくない」と言ってました。

いのちの理由

今回、さださんはスタジオで「いのちの理由」という曲を歌うそうです。

隠れた名曲なのだとか。

 

この曲は2009年の「美しい朝」というアルバムに収録されている曲。

法然上人800年大遠忌を記念し「法然共生イメージソング」として浄土宗から依頼され制作した曲で

岩崎宏美さんやクリス・ハートさんもカバーしています。

 

ハイスピードプラン

トークCD

歌だけでなく、トークにも定評のあるさだまさしさん。

ライブの時も3分の1がトークだったり、それ以上の時もあったりするのだとか。

そのため「さだまさしトークベスト」なども発売されています。

 

ラジオの深夜番組も長年やっていましたからね。

グレープ時代とソロになってからの「セイ!ヤング

 

現在はテレビで「今夜も生でさだまさし」というはがきを読むラジオのような番組を

月に一回くらいのペースで放送しています。

 

さだまさしは日本人ラッパー第1号?福岡の絶品うどんとは?
初期の日本語ラップというと誰が思い浮かびます? 1984年の吉幾三さんの「俺ら東京さ行ぐだ」という話も聞きますが シンガーソングライターのさだまさしさんも日本人の初期のラッパーの一人だというのです。 あまりラップのイメージ...
ちょっと一言

「生さだ」やってたらつい見ちゃうね

結構遅い時間なんだけどね

コメント