【ニッポン行きたい人応援団】ニッポンの和牛をこよなく愛すペルーのルイスの旅とは?

TV番組

7月11日の「月曜プレミア8 世界!ニッポン行きたい人応援団」では

ご招待で人生変わっちゃった!」が放送されます。

 

今回登場する人はペルーのルイスさん。

祖父の代から牛を飼育していて

和牛をこよなく愛しているのだとか。

 

ニッポンには2年ほど前に来たみたいですね。

どのようなたびになったのでしょう?

少し調べてみました。

 

和牛かあ

海外でも人気だよね

ルイス

ペルーのルリン市在住の男性ルイスさん。

 

祖父の代から牛を飼育していて

2歳の時に父を亡くし、祖母から牛の飼育方を教わり

家業の牧場の後継者として頑張る毎日です。

 

そんなルイスさんは20歳の時に和牛と出会います。

霜降り肉の美しさに一目ぼれして

和牛に夢中になったのです。

しかし、まだ食べたことはありません。

 

一度は和牛を食べてみたいというルイスさんを

ニッポンにご招待!

すき焼割烹日山

ニッポンに到着したルイスさん。

まず牧場に向かいたかったそうですが

海外にいた人が農場に入るには家畜の伝染病を防ぐため

入国してから1週間は畜舎などには入れないのだそうです。

 

なのでまず向かった場所は

東京・日本橋人形町にある創業108年のすき焼割烹日山です。

ミシュランでは10年連続一つ星を獲得している名店です。

隣には直営の精肉店もあり、ルイスさんは念願の霜降り肉とご対面。

 

奥の加工場も見学させてもらい

すき焼きも初体験!

「信じられないほど柔らかい」と大感動です。

 

続いて向かった場所は山口県岩国市。

「ミコー食品」に勤めている肉のスペシャリストの

すご技職人沼本憲明さんに会いに行きます。

 

その包丁さばきは「沼本カット」と呼ばれ

和牛のおいしさを最大限に高める神業で

海外でも披露しています。

 

ルイスさんはその包丁さばきに感動し

赤身のステーキやミスジのサイコロステーキも

ごちそうになりました。

尾崎牛

来日してから1週間たったルイスさんは

宮崎に向かいます。

宮崎では幻の和牛と呼ばれる「尾崎牛」の生みの親

尾崎宗春さんを訪問。

話を聞いた後、一緒に宮崎中央家畜市場にも行き

牧場も見学。

 

帰国前には尾崎牛の美味しさを広めるための会合に

参加させてもらい

和牛のおいしさの秘密は

「何事も情熱を持ち、真面目に取り組むということ」ということを

学び帰国となりました。

 

【激レアさん】成人式に体重が1トンの闘牛光神龍を連れてきたギャル神谷美姫とは?
5月2日の「激レアさんを連れてきた。」では 「自分の成人式に体重が1トンある牛を連れていったギャル」が 放送されます。 成人式に牛を連れてくる? ド派手な成人式は聞いたことはありますが 牛を連れてくると...
ちょっと一言

ルイスさんに変化はあったのかな?

ルイスさんの牧場の牛肉が劇的に変化しているみたい

コメント