【世界まる見え】ハリウッド映画に革命を起こしたライオンと家族のパニック映画ロアー(ロアーズ)とは?

TV番組

8月29日の「世界まる見え!テレビ特捜部」では

「ギリギリSP」が放送されます。

 

その中で「ハリウッドの歴史変えたライオン」が

紹介されるみたいです。

なんでもハリウッド映画に革命を起こした挑戦!

差し替えなし本物ライオンでギリギリ映像!

ライオンと家族の奇妙な生活の映画なのだとか。

 

今はCGとかで本物のライオンがいるようにすることもできますが

それもなしで本物のライオンと生活するということなのでしょう?

 

この映画はROAR/ロアー(旧題ロアーズ)では

ないでしょうか?

これまでで最も危険な映画と言われているのだとか。

 

どのような映画なのでしょう?

少し調べてみました。

 

最も危険な映画?

ライオンと暮らすの?

ROAR/ロアー

ROAR/ロアー」は1981年公開の映画。

 

今の時代はCGなどを使い動物を映画に出演させることも

多いですが、この映画では実在のライオンなどが登場します。

 

この映画はアフリカで動物たちと共同生活を

送ることとなった家族を描くパニックムービー。

その動物というのがライオンやトラなどの猛獣。

 

監督とその家族が映画に出演

慣れさせるためにライオンなどと数年間暮らしたのだとか。

 

映画には100頭以上のライオン、そしてヒョウやトラ

ジャガー、ゾウといった動物たちが登場し

暴れまわり、出演者たちが追いかけられ逃げ回ったり

襲われるシーンもあるそうです。

怪我

実際の猛獣たちと撮影するのだから

怪我もたくさん。

出演者はライオンにかまれたり、殴られたりしていて

何10針も縫うけがを負っているみたいです。

 

のちに映画「スピード」の監督としてブレイクする

ヤン・デ・ボンは撮影監督として参加していて

ライオンにかまれ瀕死の重傷を負ったのだとか。

アメリカでの上映は30年後?

この映画日本では1982年に公開されましたが

撮影期間が長くなりすぎたこともあり

北米では公開されなかったそうです。

 

そういうこともあってなのか制作にかかった費用が1700万ドルに対し

興行収入は200万ドルにしかなりませんでした。

出演者が命懸けで撮った映画なのに興行成績は振るわなかったようです。

 

ただ、2015年にこれまでで最も危険な映画ということで

アメリカでも上映。

2018年には日本でもDVDが発売され

その発売記念上映会にはトークゲストとして

ムツゴロウさんが呼ばれています。

 

女優松島トモ子は母の介護生活、過去にはライオンに襲われたことも
女優の松島トモ子さん。 ミネラル麦茶のCMでも存在感を出していましたね。 過去にはライオンやヒョウに襲われたこともあり、番組でネタにされることもありました。 そんな松島トモ子さんですが、5月31日放送の「爆報!TH...
ちょっと一言

ちょっと見たい気がするね

怖いもの見たさ?

コメント