【ワールドポリスカム2】全米震撼!宅配便の連続爆弾魔の正体や動機は?

TV番組

10月25日には「ワールドポリスカム2~世界の警察が撮った重大事件~

が放送されます。

 

その中で全米を震撼させ、トランプ大統領も激怒した

宅配便を装った連続爆弾魔の事件が扱われるそうです。

 

この事件が起きたのは2018年。

場所はアメリカのテキサス州オースティン。

 

宅配便用の段ボールに仕掛けられた爆弾が次々と住民に送りつけられ爆発

死傷者も出て、アメリカを震撼させる事件となりました。

無差別なようで住民の人もいつ自分に送り付けられるのかと

ビクビクしたことでしょう。

 

今回の番組ではポリスカムがとらえた事件の決定的瞬間を入手したのだとか。

 

では、どういう事件だったのでしょう?少し調べてみました。

 

なんでそんなことをしたの?

脅迫?

連続宅配便爆弾事件

2018年3月2日、アメリカのテキサス州オースティンで住宅の玄関前に

置かれた小包が爆発する事件が起きました

 

その後も小包による爆弾事件は3件続き、この爆発により

2人が亡くなり、2人が負傷してしまいます。

 

さらに3月20日、もう一件の爆発が起きます。

現場は現場はサンアントニオ近郊の運輸大手フェデックス配送施設。

この小包はオースティンに配送される予定のものでベルトコンベアーの上で爆発。

 

警察当局はこの爆発はすべて関連があり、爆破装置も似ているとみていて

トランプ大統領は「オースティンでの爆発はひどい。地元・州・連邦警察が連携して真相究明に当たっている。

これは明らかに、非常に、非常に病んだ人物、あるいは集団だ。

病んだ人々であり、われわれは真相を究明していく」と述べました。

犯人

5件の爆発事件により2人が死亡、6人が負傷しました。

 

そこで警察はFBIと捜査を強力。

監視カメラや目撃者の証言などから犯人を割り出します

 

警察の車両は駐車場を出た犯人の車を追跡。

カーチェイスの末、複数の車両で犯人の車を囲むことに成功。

停車した車に警察が駆け寄ると、追い詰められた犯人は持っていた爆発物を爆発させ自殺

警察にも負傷者が出ました。

 

ハイスピードプラン

犯人や動機は?

犯人はマーク・アンソニー・コンディット容疑者、24歳

 

2012年までオースティンの短大オースティン・コミュニティー・カレッジに

通っていましたが、中退。

犯行当時は無職で2人の同居人とアパートに住んでいました。

同居人は犯罪には気づかず、周りからの評判も「静かな普通の子」だったようです。

 

コンディット容疑者の携帯には25分の動画が残っていました。

警察の発表によると動画にはテロやヘイトなどには全く触れられてなく

非常に困難な状態にある若者が、個人的な生活での困難を語っていたそうです。

 

一部の新聞ではその内容は次の犯行を予告する内容で

「自分はサイコパスで子供のころから精神が不安定

つかまりそうになったら満員のマクドナルドで自爆する」と

述べていたと報じられました。

 

トランプ大統領は事件後

「オースティン爆破事件の容疑者は死んだ。警察とすべての関係者はよくやった」と

ツイートしています。

 

2011年シドニーで少女の首に爆弾を付けられる事件が発生!その結末と犯人は?
今の時代、地球上のどこかで爆弾事件が起こっているといっても過言ではありません。 日本でも爆弾テロを警戒しないといけない時代。 2011年、オーストラリアのシドニー郊外で家にいた女子高生の首に箱型の爆弾 を取り付ける...
ちょっと一言

動機がよくわからないね

世間に対する不満?

コメント