楽天が台湾の野球の球団を買収、台湾のプロ野球とは?チーム名は楽天モンキーズ?

エンタメ

楽天が台湾のプロ野球の人気球団「ラミゴモンキーズ」の買収すると発表しました。

2020年から台湾のプロリーグへ参戦する予定なのだとか。

 

楽天は台湾で電子商取引やクレジットカード業を行っていて、現地に名前を浸透させるのが目的だそうです。

チーム名は「桃園楽天ゴールデンイーグルス」になるのでは?という報道も出ていますね。

 

では、ラミゴモンキーズとはどんなチームなのでしょう?

現在の台湾プロ野球は?

などなど少し調べてみました。

海外にも野球で進出するんだね

どうなるか興味深い

ラミゴモンキーズ

ラミゴは2003年「第一金剛」を靴メーカー「La New」が買収し、「La Newベアーズ」と

して発足しました。

現在の「ラミゴモンキーズ」に名前が変更されたのは2011年、本拠地を高雄市から桃園市に

移した後のことです。

 

リーグ連覇を果たし、台湾随一の人気を誇るチームでもあります。

 

台湾プロ野球

台湾のプロ野球団体は中華職業棒球大聯盟(CPBL)と言います。

 

1989年に中華職業棒球聯盟として発足し、2003年に台湾職業棒球大聯盟と合併して現在のリーグになりました。

過去には何度か八百長問題や野球賭博問題があり、人気が低迷。

現在は4球団でリーグを行っています

 

所属チームは

・中信兄弟

・統一ライオンズ

・富邦ガーディアンズ

・今回買収が発表されたLamigoモンキーズ

の4チーム。

1999年シーズン終了後に解散した味全ドラゴンズが再びリーグに参入し2021年から1軍戦にも

参加するそうです。

2021年からは5球団となりそうですね、このチームには川﨑宗則選手が選手兼客員コーチとして

加入しています。

 

楽天マガジン

楽天

楽天は海外のスポーツチームのスポンサーなどに積極的になっていますね。

 

米プロバスケットボールリーグNBAの「ゴールデンステート・ウォリアーズ」とパートナーシップを

結んでいますし

サッカーではスペインの「バルセロナ」とグローバルメインパートナーを結んでいます。

 

海外戦略の一つでしょう、バルセロナとのパートナーは楽天の海外での知名度を

大幅に上げたのではないでしょうか?

今回の「ラミゴモンキーズ」の買収もですが、これからも海外の様々なスポーツに

進出していくのかもしれませんね。

 

その後、2020年からチーム名を「楽天モンキーズ」に変更し

リーグ戦に参加。

2020年は2位、2021年は3位になったようです。

 

 

さらば青春の光の森田がモルック世界大会に出場!モルックとは?成績は?
モルックというスポーツをご存知ですか? フィンランド発祥のスポーツのようですが、僕も今回初めて知りました。 日本ではマイナーナスポーツ、モルック。 お笑いコンビさらば青春の光の森田哲矢さんがモルックの世界大会に日本...
ちょっと一言

台湾野球の起爆剤になるといいね

選手の交流も進むかも

コメント