新型コロナでWHOが認識したパンデミックとは?過去には宣言で批判も

時事

 

新型コロナウイルスが世界中で猛威を振るっています。

それにより経済面でも影響を与え、各国で株価が暴落。

3月12日にはアメリカのニューヨークの株式市場が暴落、2352ドル安の

約10パーセントという過去最大の下げ幅を記録しています。

 

日本でも株価の暴落が起き、スポーツなど各イベントは中止や延期となり

オリンピックも延期という話もちらほら出てきているようです。

 

収束の時期が見えないこの事態にWHO(世界保健機関)は11日にパンデミックの認識を示しました。

では、パンデミックとは何なのでしょう?少し調べてみました。

 

世界中に広がっているってことだっけ?

そんな感じだと思うけど

パンデミック

パンデミックとはギリシア語のパンデミアが語源で、パン(すべて)デモ(人々)を

合わせた言葉です。

世界中に感染する可能性がある病気が大規模に流行した状態を指します。

 

実はコロナウイルスからの感染でも2002年のSARSや2012年のMERSでは

パンデミックという言葉は出ませんでした。

WHOの規定では「パンデミック」はインフルエンザのみに使用されるもので

今回も宣言はされていませんが、それほど事態が深刻ということなのでしょう。

スペインかぜ

 

過去に世界的に大流行した病気でスペインかぜと呼ばれるインフルエンザは有名です。

 

スペインかぜは約100年前の1918年から1919年にかけて世界中で大流行し

全世界で4000万人から一億人が亡くなったといわれています。

日本は大正時代でしたが、約39万人が亡くなったそうです。

 

当時は第一次世界大戦中で情報公開が遅れたことも広がる要因の一ついなったようですね。

 

ちなみにスペインかぜはアメリカで発生していますが、戦時中で

スペインが中立国だったため、大きく報道されこの名前が付けられたのだとか。

新型インフルエンザでのパンデミック宣言への批判

2009年、新型インフルエンザが流行った時もWHOはパンデミックを宣言しました。

 

そのときにWHOは批判を受けたのです。

それは新型インフルエンザが普通のインフルエンザと大差がなかったから

脅威をあおりすぎているととくにヨーロッパの政治家の人たちに非難されました。

 

そこにはWHOの顧問専門家達が製薬企業と密な関係を持ちながら

WHOのパンデミック対策や、パンデミック宣言に強い影響力を持ったことが上げられていました。

 

今回、WHOは逆にパンデミックへの言及が遅かったと非難されています。

中国への配慮があったといわれていますが、過去の批判による影響も少しあったのかもしれませんね。

 

今のトイレットペーパーの状態はまるでオイルショック?ヒカキンもデマの被害に
新型コロナウイルスが猛威を振るっています。 収束はいつになるのか見通しが見通しが立たない状況です そのために不安が広がり、マスクなどはどこにも売っていませんね。 さらにはトイレットペーパーやティッシュペーパ...
ちょっと一言

だいぶ深刻になっているね

オリンピックもどうなるか

 

ランキング参加中♪

クリックしてもらえると嬉しいです(^^)

時事
アッツをフォローする
アッツの知りたい情報秘密基地

コメント