お父さんパンダの永明が27歳の誕生日、シャンシャンの現在は?

エンタメ

いつの時代もパンダは動物園の人気者。

2年ほど前にはシャンシャンが生まれて話題となりましたね。

 

和歌山アドベンチャーワールドのパンダ「永明」が27歳の誕生日を迎えました

27と書かれた氷と、竹があしらわれた特製のバースデーケーキがプレゼントとして贈られたそうです。

パンダの27歳は人の年でいうと80歳なんだとか。

まだまだ健康で過ごしてほしいですね。

 

ところでブームとなったシャンシャンは現在どうなっているのでしょう?

少し調べてみました。

昔動物園でパンダ見たことあるけど、すごい行列だったよ

人が多いんだよね

永明

 

永明は25年前、2歳のころに中国からやってきたジャンアイントパンダです。

飼育下で自然交配して繁殖に成功した世界最高齢のジャイアントパンダでもあります。

 

永明は子だくさんさんでも有名。

なんと15頭のパパパンダであり、そして孫も21頭いるのです。

 

今年の夏の猛暑のために少し夏バテ気味だったそうですが、氷のケーキをもらい

元気が戻るといいですね。

シャンシャン

 

シャンシャンは2017年6月に上野動物園で生まれました

名前が決まるときに話題となり、ちょっとしたブームでしたね。

 

現在は体重が61キロまで成長し、一日のうち11~16時間ほど休息をとるという大人と似たような

行動をとるようになってきました。

2月4日から始めた、動物の健康な飼育と人間の安全な作業を目的として、動物に自発的な行動を

とらせるための訓練である、ハズバンダリートレーニングも順調に進んでいます。

 

ただ、中国との協定によ2020年12月31日にシャンシャンを中国に返還しないといけないそうです。

それまでにシャンシャンの姿を見ておきたいですね。

パンダの初来日

パンダが初めて来日したのは1972年9月

日中国交正常化を記念して中国から、カンカンとランランが贈られたのです。

 

当時はパンダブームがおきて上野動物園では2時間並んでやっとパンダを数10秒見学できるという

状況だったのだとか。

今ほど娯楽もなかった時代ですしね、パンダも珍しかったでしょうし。

上野動物園はパンダが来たことにより、来園者は2倍に増え土日だと25万人ほどの客数だったようですよ。

 

パンダを見るための行列が止まらないようにするために係員も大変だったとか。

そんな人気者のパンダだからこそ、現在でも人気が続いているのでしょう。

 

1967年、上野動物園でアジア象が逃走!連れ戻した方法とは?
ゾウさん、、象といえば今も昔も動物園の人気者です。 子供たちからの人気も絶大ですね。 大きな体で長い鼻を使い、果物だ度を口に運ぶ姿がとても愛らしくてたまりません。 そんな象ですが、1967年の上野動物園でア...
ちょっと一言

昔のパンダブームは懐かし映像とかで見たことあるよ

みんな、一度は見てみたかったんだろうね

コメント