【サッカー】オマーンという国はどういう国?世界遺産から抹消された例も

TV番組

サッカ-のアジアカップ、熱戦が続いていますね。

強豪国は軒並み苦戦。

日本もトルクメニスタンにヒヤッとさせられました。

 

次の対戦相手はオマーンです。

1月13日の22:30キックオフでテレビでの中継もあります。

 

ところでオマーンとはどのような国なのでしょう?

「あっ、中東の国ね」くらいの印象の人が多いのでは?

 

そこでオマーンの国やサッカーについて少し調べてみました。

 

オマーンとはよく戦っている印象があるなあ

たしかに!

けっこう苦戦する印象もあるね

 

 

オマーン

オマーンはアラビア半島の東端にある国で人口は約465万人。

首都はマスカットです。

面積は日本の4分の3ほどあります。

収入源はほかの中東諸国と同じで、石油の輸出が大半を占めているようですね。

 

実は日本とのつながりもあります。

現国王の叔母にあたるブサイナ王女のお母さんは日本人なんです。

現国王の祖父の先々代国王が国王退位後に日本人の大山清子さんと結婚していたのです。

戦前の昭和10年の話なのですが、大山さんは23歳の若さで亡くなってしまいました。

興味深い話ですね。

 

抹消された世界遺産

古い歴史を持つ国、オマーンにはいくつかの世界遺産があります。

その中には世界遺産であったけど、のちに世界遺産ではなくなったものがあるんですね。

それは「アラビアオリックスの保護区

 

オマーンの中央のほうにある自然保護区です。

アラビアオリックスという動物は野生種が絶滅してしまったので、アメリカから譲り受け野生に近い状態で保護

し、育成しようという保護区なんですね。

1994年に自然遺産として世界遺産に登録されました。

 

しかし、2007年には世界遺産のリストから抹消されたのです。

それには理由があります。

まず密猟が横行しせっかく数が増えてきたアラビアオリックスがまた減ってきてしまいました。

さらにオマーンが保護区を90パーセント削減と狭く設定し直してしまったんですね。

世界遺産の登録から抹消という出来事はこの件が初めてでした。

 

サッカーオマーン代表

次の対戦相手となるオマーン代表のFIFAランクは82位です。

ただ、この前のトルクメニスタン戦でもあまりランキングは関係ないとわかりましたね。

 

監督はオランダ人のピム監督。

この監督はJリーグでの監督経験もあり、韓国やオーストラリア代表監督だったこともあります。

アジアを知り尽くしているという感じですね。

それとオマーンといえばGKのアル・ハブシ

現在はサウジアラビアでプレーしていますが、プレミアリーグでの経験もありアジア最高のGKと呼ばれたキー

パーです。

ですが今回は負傷で欠場しています。

 

さて、ウズベキスタン戦を1-2で落としたオマーン。

もう後がないのでがむしゃらに日本に迫ってきそうです。

 

ちょっと一言

オマーン戦は余裕がある試合運びを見せてほしいね

油断はできないけどね

昔っからアジアカップって苦戦する場合が多いから

 

 

 

コメント