100回以上オリコン一位を獲得した作詞・作曲家岡嶋かな多は元ミュージシャン?コライトとは?

TV番組

作曲家、作詞家、音楽プロデューサー

著名な方はたくさんいますね。

100回以上オリコンチャートで一位を獲得した人も

いるようです。

 

10月30日放送の「世界一受けたい授業」には

作曲家であり作詞家でもある岡嶋かな多さんが

登場します。

 

岡嶋さんは三浦大知さんやSnowManにも

楽曲を提供。

100回以上オリコン一位を獲得しているのだそうです。

 

岡嶋さんはミュージシャンとして活動しながら

作曲などを行っていましたが

のちに作曲・作詞家に転身したそうです。

どういうきっかけがあったのでしょう?

 

さらに「コライト」という手法を使い

ヒット曲を作っているそうです。

どういう事なのか少し調べてみました。

 

すごい人なんだ

100回以上一位ってすごいね

岡嶋かな多

岡嶋かな多(おかじまかなた)さんは1984年生まれで

青森県出身。

 

岡嶋さんは作曲家であり作詞家であり

音楽プロデューサーでもあります。

 

安室奈美恵さんや嵐、三浦大知さんやSnowMan

BTSなど数々の著名なアーティストの楽曲を手掛けていて

これまで提供してきた楽曲が100回以上オリコンで

一位を獲得しています。

 

岡嶋さんが作詞作曲を手掛けた三浦大知さんの

楽曲「EXCITE」がレコード大賞で最優秀作品賞を

受賞したこともありました。

ミュージシャンから作詞作曲家へ

3歳から8歳までアメリカで過ごした岡嶋さんは

中学生の時に友人といったカラオケで歌に

目覚めました。

 

音楽で食べて行こうと決心し、中学卒業後は

高校にいかずビクター音楽カレッジという

専門学校に通います。

 

17歳で専門学校卒業後はアルバイトと

バンド活動をして、20歳でソロとなり

路上で弾き語りをするようになりました。

 

その時一緒に行っていた作曲家が曲をプレゼンするときに

わかりやすいように仮の詩で仮の歌を入れる

仮歌の評判がよく

数年後には作詞家のコンペの依頼も

届くようになってきたのです。

 

23歳を過ぎるとアルバイトをやめ音楽だけで

食べていくことに決め

4人組のバンド「Acushla」を結成。

 

バンドは思うようには売れませんでしたが

作詞のほうは2009年に「Steal My Night」が

安室奈美恵さんの曲に採用されると

どんどん仕事の依頼が増えて行き

2013年に「やりきった」とバンドを解散。

 

同年、スウェーデンに渡り海外の

アーティストにも曲を提供し

帰国後もさまざまなアーティストに楽曲を

提供し、活躍中です。

コライト

岡嶋さんは「コライト」という手法で

ヒット曲を連発しているのだとか。

 

コライトとはトラックメイカー、メロディーメーカー

アレンジャーなどがそれぞれの強みを生かして

共同で作曲することでアメリカでは90年代から認知され

日本では「青春アミーゴ」のヒットをきっかけに

増えてきたそうです。

 

岡嶋さんはスェーデンに渡った時から

コライトにのめり込み、みんなでアイデアを

出し合う時間が一番好きだと気づいたみたいですね。

 

作曲家久石譲の娘麻衣が結婚したのは城田優の兄?ぶっ飛び母ちゃんとは?
作曲家の久石譲さん。 多くのジブリのアニメや北野武監督の映画の音楽を手掛けるなど 超がつくほど有名な音楽家です。 2009年に紫綬褒章を受章したり、2010年に国立音楽大学招聘教授に就任したりもしています。 ...
ちょっと一言

海外のアーティストにも楽曲提供しているんだ

みんなで作業するんだね

コメント