入所したら生きて帰ってこれない岡田更生館、新聞記者の潜入捜査の結果は?

TV番組

9月3日放送の「奇跡体験!アンビリバボー」では「岡田更生館の事件」が紹介されるようです。

 

この事件が起きたのは1949年(昭和24年)

戦争が終わってからまだそんなに時間は立ってなく、家を失った人や

戦地からの引揚者など町中に居場所を失った路上生活者があふれていました。

そこで治安維持の目的や路上生活者の支援の目的もあって収容施設が作られます。

 

岡山県吉備郡岡田村にある県立岡田更生館もそのような施設のひとつです。

岡田更生館は「日本一の優良施設」として新聞にも取り上げられ

施設では十分な食事や仕事が与えられ、お金をためて出てこられるとうたわれていました。

 

ある日、毎日新聞大阪本社に北川という人が飛び込んできました。

その人は岡田更生館の脱走者で、施設の中ではひどい虐待が行われ

仕事も食事もなく、一か月で50人ほどが亡くなっていたと訴えてきたのです。

 

日本一の優良施設と言われる岡田更生館。

真実はどうなのか、新聞記者が潜入取材を試みることになりました。

事実はどうだったのでしょう?少し調べてみました。

 

どっちが本当?

戦後の混乱期の話なんだ

岡田更生館

1949年、毎日新聞大阪本社に北川という汚い身なりの人が飛び込んできました。

 

その人の話では岡山県倉敷市で職に就けず、駅のベンチで一晩を過ごしたところ

岡田更生館の職員に起こされ「施設では十分な食事も出るし、仕事もあるので

入所しお金がたまれば出所すればいいのでは」と勧められ、岡田更生館に入所することになりました。

 

入所すると話とは全然違い、仕事はなく食事も水のように薄い黒い雑炊で

ほかの入所者は栄養失調で、さらに衛生状態も劣悪で重度の疥癬や結核の人が多数を占め

部屋に詰め込まれていたそうです。

脱走しようとする人多くいましたが、捕まると私刑にあい、殴り殺されたりしていて

その死体は山のでひそかに焼かれ埋められていました。

 

何とか脱走した北川さんは施設が県営であるため、警察などもグルと疑い大阪まで来たのです。

施設は査察の時もうまくごまかしていたのですね。

潜入

話を聞いた毎日新聞の大森記者はカメラマンの向井さんと

「話ができすぎているのでは」と疑いながら岡山へ向かいます。

 

県庁で話を聞いても悪い話は出てきませんでしたが、新聞の過去の記事に

脱走者が大牟田署に訴え、調査の結果否定された」というものを発見。

岡田更生館の施設を見ると、とても綺麗でしたが入り口では屈強な若者が棒をもって見張りをしていて

車で通りすぎるとにらみつけてきたのです。

 

裏山に登りシャッターチャンスを狙っていると、夜に極度にやせこけた収容者がトイレに向かって

いました。

そこで応援に小西記者を呼び、周辺の住民から話を聞こうとしますがなかなか話してくれません。

ただ1軒は「入所すると殺される」と忠告してくれ、山の上では施設の死体を焼くというので見に行くと

小さな人骨が散らばっていました。

 

大阪本社は危険なため侵入を許しませんでしたが、岡山地検の検事正と岡山署署長に話をし証拠の写真を見せ

大森記者と小西記者が一泊だけ潜入捜査をすることとなりました。

記者2人は浮浪者のふりをして岡田更生館に侵入

 

そこでは地獄のような施設の惨状を目撃することとなるのです。

入所者は栄養状態が悪くあばら骨が浮き出ていて、監獄のような状態でした。

食事もほとんど水のような黒い雑炊で夜は6畳に15人が重なり合い寝ます。

 

脱走し捕まると私刑を受け殺されるとほかの入所者に聞き、大森記者は脱硝者がどのような目にあわされるか

調べるため脱走を試みますがあっさりと捕まり、事務所に連れて行かれました。

 

そこで「自分は新聞記者だ」と告白するも信じてもらえず暴行されそうになりましたが

事務所にあった電話を使い、近くで待機していた新聞社の仲間たちに連絡を入れ

間一髪で救出に来てもらいます

 

ハイスピードプラン

その後

救出された大森記者は近くの旅館で記事の執筆を大急ぎで始めました。

 

新聞記事が出ると岡田更生館は県営のため岡山県は猛抗議

ライバルの新聞社も事実無根の中傷とはじめは更生館側に立ったそうです。

 

しかし、大森記者が取材で得た真実を突き詰めると調査のために警察なども動き始め

施設運営にかかわっていた職員らは相次いで起訴され、10人以上の有罪が確定

しかし、その罪は多くの犠牲者を出した割りに執行猶予付きのものでした。

 

主な罪は収容者に対する暴行や障害。

人手不足のため収容者の中で監督を決め、その監督はほかの収容者を暴行。

劣悪な環境もあり、70人以上が亡くなったといわれています。

 

さらに更生館の館長が県から交付された運営費を横領していたのです。

そのためにとても貧しい食事となり、環境も劣悪だったのでしょう。

 

その後、岡田更生館は「県吉備寮」と名前を変え、昭和30年代に廃止されることとなりました。

 

20世紀最大の謎の遭難事件と言われたディアトロフ峠事件に新しい仮説が!
こんばんは、アッツです。 12月6日の「奇跡体験!アンビリバボー」でディアトロフ峠事件をやっていましたね。 数多くある遭難事故の中でも極めて特異な部分があり、注目を集めていました。 今回の放送では新しい説が放送され...
ちょっと一言

そんな大事件があったんだね

戦後の混乱期とはいえ、ひどいね

コメント