【激レア】北極冒険家の荻田泰永がマイナス50度の世界を歩いた結果の大記録とは?

TV番組

 

6月20日の「激レアさんを連れてきた。」では

地球で最も過酷な場所「北極」にハマってしまいマイナス50度の世界を1万km以上歩き続けた結果

大記録を達成しちゃった北極冒険家 」の人が登場します。

 

北極冒険家。

マイナス50度の世界を1万km以上歩くってすごすぎますね。

何度も命の危険があったのではないでしょうか?

この人は北極冒険家の荻田泰永さんでしょう。

 

大記録を達成したそうですが、どのような記録を達成したのでしょう?

北極を1万km以上歩き続けていることが記録のような気もしますが。

少し調べてみました。

 

何度も北極に行ったんだろうね

想像できないな

荻田泰永

荻田さんは1977年に神奈川県に生まれます。

 

冒険家の人というと、幼いころから冒険に出たくて仕方なかったというような人が

多いような気がしますが、荻田さんはそうではなかったようですね。

 

荻田さんは21歳のころに面白くないと思い、3年の時に大学を中退します。

その時は冒険に行こうと思っていたわけではなく、北極というキーワードも

頭の中にはありませんでした。

 

自信があり、エネルギーは有り余っていましたが大学ではやることがなく1999年3月でやめ

その年の7月NHKの「スタジオパークからこんにちは」というテレビ番組に出演していた

極地冒険家の大場満郎さんを知り、番組で北極行きの若者を募集していたので

手紙を書き参加することになったそうです。

 

とにかくなにかをやりたかったそうです。

そこで北極行きで目標を得て、北極に興味がわいてくるようになりました。

北極

2000年、大場さんが企画した「北磁極をめざす冒険ウォーク2000」に参加。

カナダ北極圏レゾリュートから北磁極への700km徒歩行に挑み、35日をかけて踏破しました。

 

2001年からは単独で北極圏を訪れるようになり

そこからアルバイトをして資金をため北極へ行くという生活が

毎年のように続きます。

2012年からは「北極点無補給単独徒歩」に挑戦するために自らスポンサー集めも

始めました。

北極点を目指すとなると大体1500万円から2000万ほどかかるのだそうです。

 

ハイスピードプラン

大記録

 

北極を歩き続けた荻田さんは大記録を達成。

2016年にはカナダ最北の村グリスフィヨルド〜グリーンランド最北のシオラパルクをつなぐ1000kmの

単独徒歩行を達成し世界初踏破となり

2018年には南極点無補給単独徒歩到達に日本人として初めて成功しました。

 

荻田さんは2000年から2019年までに16回北極に行き、10000km以上移動しています。

 

ちょっと一言

16回も北極に行ったんだね

すぐ行って帰ってこれる場所じゃないのにね

 

コメント